2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2005.09.27 (Tue)

来る人、去る人…

癒しの原風景

分かりやすく楽しい「心の話と朗読」の講演を日本や
海外で長年行ってきた依田京子(54才・東京在住)さんが
今日26日来社した。

依田さんは24日(土)来パしたもので出来れば
パラグアイでも楽しく笑って楽しい「こころの話」や
朗読、懐かしい日本の歌(童謡、民謡)等を
みんなと一緒に歌いたいと希望している。

依田さんは昔、小説を書いていた。

ある日、小学校の子供さんが交通事故にあい、
その後、PTSD(ストレス障害)にかかったため
心理学を学び子供と正面から向き合った。

その経験から各地の老人ホーム等で「こころの話」を
するようになった。
するとトラウマを負って80数年を過ごしてきた
お年寄りが
元気になったり、80才過ぎの人がパソコンや
英会話を学ぶようになったりした。

「観光地よりもこちらの人達が普通に暮らしている
生活体験をしたい」と依田さん。

ゆったりと草を食む牛や家の周辺で餌をついばむ鶏の姿に
今の日本が失ってしまったやすらぎの原風景をパラグアイに
見い出したようだ。



午後、薮夫妻がバスでアルゼンチンに向った。
ブエノスで数日滞在して日本に帰る。
薮さんたちは、取材と新婚旅行を兼ねてこの旅をしている。
別れ際、うちのカミさんと母娘のように仲良くなった
新妻の明美さんが泣き出した。
つられてカミさんも泣き出した。


夜、永石夫妻とカミさんで修一さんの41才の
バースデイ・ディナーをシェラトンホテルのレストランで祝う。
日本を出て3度目の誕生日だという。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


21:06  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/87-028cad87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |