FC2ブログ
2018年12月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.13 (Wed)

キムどんやったぜ! 興行師トランプの政治ショウ―!


【米朝首脳会談】

 壮大な無駄遣いの政治ショーだ。
多くの安全保障関係者が
「大統領の功 名心が危険だ」と指摘していた。まさにそうなった。

 非核化には実施の担保が全くない。
拉致問題や人権問題も具体的なものが何もない。
一方で北朝鮮は文書で体制保証を取り付け、
義務を課せられないまま、
米国からの軍事攻撃を相当な期間にわたり
回避できることになった。
何も失わないで時間稼ぎに成功した。

  北朝鮮はミサイルのエンジン試験場の解体を表明したというが、
大陸間弾道ミサイル「火星15」など、
配備済みのミサイルはそのままだ。

火星15のエンジン テストは終わっており、
実験場の解体に意味はない。

核実験場の廃棄も掘っ立て小屋をつ ぶしただけの
子供だましだった。


 浅はかにもトランプ大統領は記者会見で
将来的な在韓米軍の撤退にも言及した。

お人よしキムどんを演じて見せた仮の姿にまんまと騙された
トランプの大失敗だ。

ディールを得意と自負する大統領が
実は全くど素人だったと化けの皮が剥げてしまった。


今後、米国は対中国との対決姿勢が鮮明となる今、
在韓米軍の撤退を示唆するなど、まさにアホバカ丸出しだ。

日本にとっても在韓米軍の撤退は絶対に避けなければならない。

今回の会談で、
米国が北朝鮮に軍事力を行使する可能性は遠のいた。

まさにキムどんがしめしめと舌舐めずりをしている。




織田邦男元空将「最悪のシナリオを語ろう」 
北非核化は失敗、
在韓米軍撤退→防衛ライン対馬海峡へ南下、「活米」重要に 



 
 北朝鮮が核という「宝剣」を捨てることはない。
金正恩朝鮮労働党委員長は、
トランプ米大統領に対して非核化を約束するだろう。
その見返り に、トランプ氏は段階的な制裁緩和に踏み切る。
非核化を達成するまでには少なくとも2~3年を要するだろうが、
その間、白旗を上げている相手にびた一文も
制裁を和らげないという措置はとれない。

 こうなると、会談後の時間は北朝鮮側に
圧倒的に有利に作用する。
北朝鮮が息を吹き返すには制裁緩和が大前提となるからだ。

一方、非核化は失敗に終わるだろう。
「完全かつ検証可能」というが、そもそも検証など不可能だからだ。
 
米国防情報局(DIA)は北朝鮮の保有する核弾頭を
最大60発と報告している。
しかし、ほかの有力な機関やシンクタンクでは
保有核弾 頭を約20発とするなど分析はばらばらだ。

おそらく米国のインテリジェンスでも正確な数は
把握し切れていないのだろう。


 北朝鮮にとってこれは大きなチャンスだ。
大規模な査察が入るとはいえ、
検証は北朝鮮の申告に基づいて行わざるを得ない。
仮に30発を20発と申告 して廃棄すれば、
10発は手元に残る。核能力は1発分でもあれば十分。


インドやパキスタンのような立場を手に入れたい金氏は、
いかにトランプ氏を出し抜く かの算段を立てているはずだ。

 もう一つの焦点は2万8千人の在韓米軍の扱いだが、
トランプ氏が撤退させる可能性は十分ある。

もともと在韓 米軍は北朝鮮の南進に備えて張り付けた
「トリップワイヤ」の意味合いが大きい。

今や北朝鮮には現代戦に耐え得る戦闘機や戦車はなく、
南進の心配はない。
ト ランプ氏が非核化の約束と引き換えに、
コストの大きい在韓米軍の撤退を選択することは
想定しておくべきだ。

 最も恩恵を受けるのは中国だ。
韓国に配備された米軍の高高度防衛ミサイルシステム
「THAAD」どころか、在韓米軍そのものが消える。

朝鮮半島への影響力は中長期的に揺るぎないものに なるだろう。
さらに南北の平和協定が成立すれば、
その先には親中色の強い連邦国家の誕生さえ現実味を帯びる。

米国との「太平洋分割」を目指す中国にとっ て、
米朝首脳会談は重要なステップになる。




 翻って日本は目と鼻の先に親中反日の連邦国家を抱えることになる。
しかも核能力付きだ。国防上の脅威は格段に上がり、
従来の安全保障戦略を前提から再考しなければならなくなる。

  具体的には、防衛線が現在の38度線から対馬海峡まで南下する。
これは敵の脅威圏が西日本全域にまで拡大することを意味する。

韓国空軍はF15ストライク イーグルなど強力な戦闘機を備える。
現在は力のベクトルは北を向いているが、
180度反転すれば、その対地攻撃能力は日本にとって侮りがたい。

専守防衛の 縛りの中で空自が制空権を維持し続けるのは至難だ。

中国による南西諸島への進出にも引き続き備えなければならない。
防衛力のあり方を抜本的に見直す必要が ある。

 まず隣接する核保有国との向き合い方を整理すべきだ。

日本にはアレルギーがあるが、核抑止力をどう捉えるか、
非核三原則を維持する のかなどを
国民レベルで議論すべき局面に入っている。

戦闘機部隊を柔軟に振り分ける運用も考えてはどうか。

西日本全域が敵の脅威圏内に入ることを踏まえれ ば、
制空権維持のための「虎の子」を特定の基地に
固定するのは得策ではない。

日米同盟は重要だが、
追従ではなく米国の関与を積極的に引き出す
「活米」の視 点がより重要になる。






ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


10:54  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/779-03cf0a49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。