2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2005.08.17 (Wed)

チャイナクラッシュと巨大地震で重要性を増すパラグアイ

8/16

パラグアイ帰国まで後、4日となった。
この21日(日)のJAL便で帰国する。

先月23日に来パして約1カ月、
そろそろ日本の暑さに倦みパラグアイが恋しくなった。

テレビ、新聞では連日、「ホリエモン出馬か?」などと仰々しいタイトルの報道が
躍っているが、そろそろその刺客報道にもウンザリといった
潮の変わり目となりそうだ。

最初は面白がって観戦していた大衆もちょっと引いて冷静に
全体を見直してきそうだ。

そんな浮かれ気分に冷水をかけたのが昨日の宮城地震だ。

いよいよ巨大地震の頻発が予測される中、受け皿としてのパラグアイを
もっともっと日本の人にアピールしていかなければならない。

中国バブル崩壊と巨大地震、パラグアイの重要性は益々重くなってきた。

熊本氏(日本・パラグアイ交流協会事務局長)の20階の
マンションから稲毛の海を眺めながら改めて唇をかみしめている。

昨日は日本で問題になっているニートの青年たちのパラグアイで
引き受けてもらえないかという相談を岡部氏から受けた。

ロングステイの受け入れ体制と合わせて検討したい。


今日もギンギラ太陽、暑くなりそうだ。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : エッセイ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 地震 パラグアイ

20:31  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/74-4f465966
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |