2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.09.22 (Thu)

北のミサイル&中国の脅威

9月22日(木)  晴れ   昼35℃


もうから夏日だ。

昨今、日本を取り巻く環境が激変した。

これまで北朝鮮の強面ドンさまのブラフを鼻先で笑ってきた日本だが、
アレヨアレヨという間に、核ミサイル脅威が現実化してきた。

さらに中国が隠していた爪をむき出しにして、日本周辺空海に
進出し、尖閣諸島強奪は、時間の問題となってきた。

おバカな憲法のお蔭で専守防衛しか許されていない哀れな自衛隊…。
おまけに平和ボケお花畑の日本国民。

まことに申し訳ないが、
ここは、一つ北のドン様に日本本土にミサイルをぶち込んで頂くか、
中国空軍機が自衛隊機に実弾を打ち込んで頂いて日本のパイロットが
名誉の戦死をとげてもらうという荒療治しかないだろう。

まぁ、ここ2,3年以内であれば、日米安保条約が機能する
日本は中国と戦っても負けることはないようだが、
5年、10年となると中国がアメリカと肩を並べるほどの
強大な軍事力をもつ一方、アメリカの引きこもり病が進み、
日本単独では手も足も出ない状況になりそうだ。

折しもアメリカは民主、共和党の大統領候補の激戦が展開している。

暴言王トランプさんは、「日本の防衛など知るか。勝手にやれ!」
と「アメリカファースト」主義を掲げて内にこもるモンロー主義に
回帰しようとしている。

一方、中国マネーを食わされたクリントンさんは、
9.11の記念日に頭をがくがくしてぶっ倒れるし、世界1激務の
米国大統領を務められるか疑問視されている。

今そこにある危機に安倍総理は、中国抑え込みとして
ロシアのプーチン大統領と友好関係を図ろうとしており、
また、急遽、クリントンさんに会って
日米同盟の絆の強化を確認し合った。

また、あろうことか、遥々キューバに飛び、
ラウル・カストロ国家評議会議長と
兄のフィデロ・カストロ氏と会って
北朝鮮の暴走を阻止するように働きかけている。

安倍総理の慌ただしい昨今の動きを見ると、北朝鮮や
中国の脅威が生半可なものでないのが理解出来る。

安倍総理が、トランプさんでなくクリントンさんだけに会ったということは、
かなりクリントンさんの勝利が確実視されているのだろう。

まぁ、これはかなり際どい賭けだが、アメリカの黒幕ユダヤ財閥系が
応援しているクリントンさんの勝利は固いのかもしれない。

しかし、いつまで日米同盟が有効に機能するか不明な現況下、
日本は独自の防衛力を強化する必要があろう。

つまり、日本は弾道ミサイルも核も持つべきだろう。
これが現実的な抑止力となる。

諸悪の根源9条!

今こそ憲法改正を断行すべきだろう。










































ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


21:42  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/712-214fc7d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |