2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.03.05 (Thu)

韓国にうんざり

反日昨今の梅雨のような日々には、うんざりだが、
それにも増して韓国大統領の執拗な反日発言には超うんざりだ。



「韓国はなぜ日本だけを標的にする?」
歴史問題で欧米から疑いの目を向けられるようになった
韓国妄執“自業自得”

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は12日の年頭記者会見で、
日韓首脳会談について「日本側の姿勢の変化が重要だ」と
曖昧な注文をつけ、慰安婦問 題を早期に解決しなければ
「韓日関係だけでなく、日本の歴史にも重荷になる」と言い募った。
一方的でかたくなな態度には、ため息が出るばかりだ。

冷めた日本政府
 「ムービング(動く)・ゴールポストだ」
 韓国について政府関係者らと話すとき、何度この言葉を聞いたことか。
慰安婦問題などで着地点を求めてそこを目指すと、
いつの間にか韓国側がゴールをさらに先の方に動かしているという意味だ。
 それでいて韓国側は日本に対し、
具体案を示さずに「誠意を見せろ」と要求し続けているのである。

 日本政府は現在、こうした韓国側の十年一日のようなあり方に
冷めた視線を向けている。

産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の出国禁止のような現在進行形の
人権侵害を除き、韓国に対しては「放置でいい」(政府高官)との基本姿勢だ。


何ともやるせない現状だが、予期せぬ効果もあった。
韓国が日本だけを標的に歴史問題にこだわればこだわるほど、
欧米で「なぜなのか」という疑問が高まり、
客観的な事実関係を知ろうという新しい動きが出てきているのだ。

 今年に入り、韓国メディアは相次いで次のような
米国の元政府高官の「妄言」を伝えている。

 「日本は過去、恐ろしいことをしたが、
韓国もベトナム戦争の際は非常に冷酷だった。
ベトナムではそれが非難を浴びている」
(デニス・ブレア元国家情報長官・太平洋軍司令官)

  「日本は韓国人戦争犠牲者に8億ドルを支払ったが、
当時の朴正煕政権が慰安婦と呼ばれる被害者たちに
伝えていなかった。


古傷が治癒しない理由がここにあ る。
韓国は、ベトナムで韓国軍が民間人に犯した行為を脇へ置いて、
韓国と国交を結んだことを考えるべきだ」
(ロバート・シャピロ元商務省次官)

欧米も疑問視
 欧米メディアも昨年来、韓国側の負の歴史に注目するようになり、
日本を執(しつ)拗(よう)に非難する韓国の外交姿勢に疑問の目を向け始めた。
次のような報道がだんだん目立つようになってきた。

 「慰安婦問題は、政争の具として利用されるべきではない。
結局、日本から支払われた何億ドルもの賠償金を、
犠牲者のためにではなく、
莫大(ばくだい)な公共事業のために使ったのは
朴大統領の父親だ」
(米フォックス・ニュース)



 「ライダイハンはベトナム戦争中、
ベトナム人の母親と韓国人の父親の間にもうけられた子供を指す。
多くは韓国人兵士によるベトナム人慰安婦への虐待から生まれた」
(米CNN)

 「韓国には、米軍基地周辺に基地村と呼ばれる売春街が存在した。
ここで働いていた元米軍慰安婦120人以上が、
『韓国政府が米軍のために組織した』として、
1人1千万ウォンの賠償を求めて韓国政府を提訴した」
(英BBCニュース)

 元米軍慰安婦の訴訟に関しては昨年末、米軍準機関紙
「星条旗新聞」も取り上げている。

朴大統領が慰安婦問題を提起し続けた結果、
韓国が触れてほしくない問題もまた、白日の下にさらされることになった。

日本は過去の経験から、韓国にいくら譲っても
結局、ゴールポストを動かされるだけだと見切った。

韓国側も、そろそろ歴史カードの乱用は控えないと
「重荷」になるばかりではないか。
(政治部編集委員)


それにしてもパラグアイの長雨はいつまで続くのだろうか?
去年の2月、3月はこんなに梅雨のような長雨が続いたっけ?
と昨年の日記を見たのだが、そんなに雨は降っていない。

今年の梅雨状態は、異常なのだ…。












ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


14:51  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/643-647adb9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |