2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.03.04 (Tue)

拙著「鳴動列島ニッポン 翔んでパラグアイ」出版遅れそう…?

3月4日(火)曇り 今朝の気温午前7時=20℃


 43℃に達した今夏の猛暑は80年前に記録された42℃
を更新した。

ついこの間まで連日40℃前後の猛暑に悩まされていたが、
どうやら夏も終わりパラグアイ秋景色に変わったようだ。

時だけは確実に移りゆく…。

今月下旬頃には、日本の書店に並ぶ予定だった拙著
「鳴動列島ニッポン 翔んでパラグアイ」(仮題)の
雲行きが怪しくなった。

この本のコメントを著名な評論家にその出版社からお願いしてもらった。

“知の巨人“と呼称されるこの人は、数年前、パラグアイに
来たことがあり、その際、偶然にお会いして
食事をともにしたことがあった。

そのご縁から、出版社を通じてコメントを依頼してもらった。

所がその直後から出版社からの連絡が途絶えた。

多分、その評論家から手ひどい評価をもらったのだろう。

希望と挫折、人生いろいろ…。

確かにプロの目から見れば論評するにも値しないのかもしれない。

自分でも冷静に自著を検証すれば忸怩たるところが多々とある。

今一度、推敲し直すか……。

いずれにしてもこのパラグアイが「第二のニッポン」になるという
信念に揺るぎはない。

先般、福島の放射能汚染を恐れて移住してきた人が
「あと100人程、日本脱出を希望する人たちがいます」
と語っていた。


拙著「鳴動列島ニッポン 翔んでパラグアイ」は、
そういう人たちに対する指針書なのだから、何としても
出版しなければならない。






















 



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


07:22  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/594-5a2d545f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |