2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.09.05 (Wed)

石原慎太郎を総理に

石原慎太郎を総理に
「対中強硬論」を断固支持!!!


野田政府と尖閣諸島の地権者との間で、
尖閣諸島を、日本政府が「20億円」で
買い上げるという契約が成立したという
情報が流されている。

これに対して、地権者からの買い上げ交渉や
現地調査を強行するなど、当事者でありながら、
蚊帳の外に置かれた石原慎太郎東京都知事が、
激怒し、「野田を見限った・・・」
「今度は、上陸するから、逮捕してみろ・・・」
などと騒いでいる。

野田政府と中国政府とのあいだで、
なんらかの「裏取引き」が行われたはずである。

石原慎太郎主導の「尖閣諸島国有化」を阻止し、
つまり港や灯台の建設などを妨害、阻止したのである。

要するに、中国政府の「戦争も辞さない」
という脅しに野田政府が屈したのである。

中国の下僕たる民主党政権バンザイ バンザイ




尖閣諸島問題の裏に米国の影:
日本と中国との戦争を誘導せよ。

ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」



この尖閣諸島問題の裏には米国が暗躍している
可能性があるらしい?




実はアメリカの多くの資料や情報に
日本と中国の戦争を示唆したり、
望むような声が書かれている。

例えば、米駐日大使のジョセフ・ナイらが
書いた資料には「日本と中国を戦争へ誘導するべき」
と書かれている。



ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」
― Bipartisan report concerning Japan ―

 この米国政府の戦略文書は、かつてCIAを
統括する米国大統領直属の国家安全保障会議
NSCの議長で、同時に東アジア担当者であり
(クリントン政権)、後に安全保障担当の
国防次官補であったジョセフ・ナイが、
米国上院下院の200名以上の国会議員を
集め作成した、対日本への戦略会議の報告書である。

 ナイは現在、米国の政治家養成スクール、
高級官僚養成スクールである
ハーバード大学ケネディ行政大学院の院長であり、
そこから輩出された無数の政治家・行政マンの
司令塔となっている人物である。

この人物が「事実上」、米国の政策を起草している。



 その内容は以下の通り。

1、東シナ海、日本海近辺には未開発の
石油・天然ガスが眠っており、
その総量は世界最大の産油国サウジアラビアを
凌駕する分量である。
米国は何としてもその東シナ海のエネルギー資源を
入手しなければならない。

2、そのチャンスは台湾と中国が
軍事衝突を起こした時である。
当初、米軍は台湾側に立ち中国と戦闘を開始する。

日米安保条約に基づき、
日本の自衛隊もその戦闘に参加させる。
中国軍は、米・日軍の補給基地である日本の米軍基地、
自衛隊基地を「本土攻撃」するであろう。

本土を攻撃された日本人は逆上し、

本格的な日中戦争が開始される。


3、米軍は戦争が進行するに従い、
徐々に戦争から手を引き、
日本の自衛隊と中国軍との戦争が
中心となるように誘導する。

4、日中戦争が激化したところで
米国が和平交渉に介入し、東シナ海、
日本海でのPKO(平和維持活動)を
米軍が中心となって行う。

5、東シナ海と日本海での軍事的・
政治的主導権を米国が入手する事で、
この地域での資源開発に圧倒的に
米国エネルギー産業が開発の優位権を
入手する事が出来る。

6、この戦略の前提として、
日本の自衛隊が自由に海外で「軍事活動」が
出来るような状況を形成しておく事が必要である。

 以上のように、米国は日本海の「パレスチナ化」
計画を策定しており、米国は日本を使い捨てにする
計画である。

そして、この計画の下に自衛隊の海外活動が
「自由化」され始めている。

 上記の米国エネルギー産業とは、
もちろんロックフェラー=ロスチャイルドの事を指している。

 このロックフェラー=ロスチャイルドの
利権のために日本軍と中国軍に
「殺し合いを行わせる」、
これが米国政権中枢の戦略文書に明確に書かれている。


http://alternativereport1.seesaa.net/article/111841481.html

2008年12月28日
動き出す「戦争屋」たち



「アジア人同士に殺し合いを行わせろ。
それが米国の利益だ。」と言う戦略である。


米国産の狂牛病に犯された汚染牛肉の「輸入」
が現在も継続しているが、
その報道は全く行わない日本のマスコミ。
一方で、深刻な事実ではあるが
中国の食品汚染の報道から、
ダンボール肉マンといった「デマ報道」に至るまで、
日本人の反中国感情を「アオル報道だけは連日、
繰り返される、異常なアンバランス」は、
ナイ・レポートに記載された米国の対日戦略を
「無条件に、ウノミ」にする事によって展開されている。


どっちにしろ1番のワルは、
アメリカだってか…………⁇⁇⁇








ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


15:59  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/539-a2189bd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |