2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.08.19 (Sun)

負けるな、ニッポンジン

尖閣諸島や竹島等々、領有権を巡って中国や
韓国と熱いバトルが繰り広げられており、
遠いパラグアイの地でこれらのニュースを
見聞きする度、日本のふがいなさに
ガックリきていた。


さらに今月15日、中国の領土だと主張し、
魚釣島に上陸した香港の活動家らが
不法入国の疑いで逮捕され、
17日強制送還されたばかりだ。

彼らが強制送還される映像をみると皆ヤクザ、
暴力団もどきのふてぶてしい人相の御仁ばかりだ。


その渦中の尖閣諸島に8月19日 16時10分、
地方議員を含む日本人10人が 尖閣諸島に上陸した。


熱いハートをもった日本人はいないのかと、
嘆いていた所、今回の彼らの義挙。

少しばかりホッと胸を撫で下ろした。

彼らは沖縄県の尖閣諸島の周辺海域で行われた
戦時中に亡くなった人たちの慰霊祭に
参加した東京都などの地方議員5人を含む10人。


警察や海上保安本部によると、
上陸した10人のうち5人は、東京都や東京の杉並区、
荒川区、兵庫県、それに、
茨城県取手市の地方議員だ。

上陸した人たちは、国旗を掲げるなどしたあと、
午前10時前までに全員が泳いで船に戻った。

一行の船は、すでに魚釣島を離れて
沖縄県の石垣島に向かっている。

慰霊祭には、国会議員や地方議員、
それに、一般の人などおよそ150人が参加しており、
政府に上陸許可を申請したが、

政府は、「政府関係者以外が上陸すると、
島の平穏かつ安定的な維持管理が
損なわれるおそれがある」
として、申請を認めなかった。



超党派の議員連盟の会長を務める
山谷えり子参議院議員は、
上陸“正当化は難しい”
とNHKの取材に対して述べている。

「午前6時半から7時まで洋上で慰霊祭を行ったのち、
私たちは北小島と南小島の視察に向かっていたが、
人が海に飛び込み、
魚釣島に上陸するような様子は見えた。
私たちは来年こそ上陸許可をもらって
慰霊祭をやろうという方針で、
ことしは洋上で行うことにして、
昨夜も上陸しないようにと確認していた。

上陸した人たちは、間近で魚釣島を見て、
気持ちが高ぶったのではないかと思うが、
正当化することは難しい」と述べた。

この山谷えりこ参院議員とは、
僕が初の海外在住日本人代表として2004年の
参議院選挙比例区で自民党公認候補として
立候補した時、彼女も同じ自民党公認候補で
初挑戦して見事当選した女傑だ。

勿論、僕は惨敗した。


今更、言い訳めくが、公認されたのが
投票日直前1ヶ月にも満たなかったのだから
どうしようもない。

しかし、マスコミの露出度は、ナンバー1だった。
当時の選挙参謀だったE氏は、
「もっとスポーツ紙、娯楽紙などにも
目を配るべきだった」と後日、語っていた。

彼がスポーツ紙などでの掲載を敬遠したのは、
諸刃の剣で、ピエロ扱いされる恐れも
あったからだそうだ。

だが、せめて1年前から
じっくり準備を進めることが
出来ていたら、という無念さは拭えない。

この惨敗から立ち直るのに5〜6年を要した。

しかし、今にして思えば余人には出来得ない
貴重な経験をさせてもらったのだから、
感謝 感謝……


人生に「もし…?」はないが、
あの時、当選していれば、
僕もこの上陸作戦に参加していただろう、
と思うと、うたた茫漠 感無量だ…。








ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


08:09  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/536-9a7397f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |