2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011.04.05 (Tue)

日本民族は生き延びられるか?

原発事故被害は益々深刻化してきた。

いろいろなデータを調べてみると、
本当にコワクなってきた。

ひょっとすると、これは日本民族絶滅
につながるのではないか?


と危惧している。


まず、「放射線被ばく」が、一般的
メディア報道の予測範囲を大幅に越えそうだ。

放射性エアロゾルとガスなどが、
風向きによって日本中どこにでも拡散
する恐れがある。

230km南の東京の住民も被ばくするようだ。

その「放射線被ばく」とは、
放射性物質が(風雨と雪によって)
地面に次第に降下し、
地表に蓄積されることで被ばくする。


放射能の線量率は、原子力発電所から
100km以上の地域で10倍、
60~70kmほどの距離では100倍に
増加しており、50km圏内では平常時の
1000倍を越しているそうだ。


問題は、これらの区域の住民は
普段通りの生活をしていることだ。


1時間に8マイクロシーベルトでも、
その場に8時間留まると
64マイクロシーベルトになり、
18日では、
1年間の線量限度1ミリシーベルトを越える、
1152マイクロシーベルトに達する。


さらに、屋内に放射性気体が
侵入していたら、1日24時間ベースで
外部被ばくの線量を計算しなければならない
(つまり、3ミリシーベルト以上に達し、
1年の線量限度の3倍になる)。


<訳注:8マイクロシーベルト×24時間
×18日=3456マイクロシーベルト
=3.456ミリシーベルト>

「外部被ひばく」
皮膚や毛髪に放射性粒子が付着して起こる。


皮膚の小さな傷であっても、
そこから体内に侵入し、
内部被ばくを引き起こす。
また、指で口や鼻を触ったり、
手を洗わずに食物を扱う場合や、
肉眼では見えないエアロゾルを
毛髪に付着したままにしておき、
それを吸い込んだ場合なども、
内部被ばくにつながる。


「経口吸入」
による内部被ばく




空気中の放射性エアロゾルやガスを
吸い込んで起こる。
市販の防塵マスクは、
空気に含まれる気体状放射性ヨウ素を
“全く防御しない”



さらに恐ろしい事態が発生している。
海に垂れ流しされている放射性物質が
海流にのって世界中の魚を
汚染しまくっていることだ。


小魚の「コウナゴ」から放射性ヨウ素
(1キロ当たり4080ベクレル)が検出された。


政府は例によって
「食べても問題ない」と常套句。

しかし、食物連鎖でこのコウナゴを食べた
大きな魚が、また、より大きな魚に
食べられて黒潮や様々な海流に乗って
世界中に汚染魚が広がっていく。


放射能を垂れ流した東電と日本政府の
措置に早速、お隣の韓国が噛み付いた。


そりゃそうだ。

放射能汚染を世界中にまき散らすのだから、
世界中の国々がカンカンになって日本を
非難するだろう。


日本ブランドは世界に誇る「ブランド」
だったが、以降、日本=放射能汚染
といった蔑まされるブランドと
なるのではないだろうか…。




*参考迄に
以下のブログを紹介しよう。

放射線による内部被ばくについて
:津田敏秀・岡山大教授
  2011年4月1日



津田敏秀(つだ・としひで)教授

岡山大学大学院 環境学研究科
(疫学、環境疫学、臨床疫学等)




Q. 「内部被ばく」とは何ですか?

  
A.
被爆には外部被曝と内部被曝の
2種類があります。
外部被曝は放射線源(放射性物質)が
体の外にある時で、代表例は医学診断の
際のレントゲン検査です。
内部被曝は、何らかの理由で放射線源が
体内に取り込まれた時に起こるものです。
環境汚染物質の体内への取り込みは、
主に口から食べ物と入る
(「経口曝露」と言います)、
口・鼻から吸い込む
(「経気道曝露」と言います)、
皮膚から入る(「経皮曝露」と言います)
に分類できます。
ただし皮膚からの取り込みは正常な
粘膜からでも生じえるとは思いますが、
皮膚粘膜が傷ついている場合に
大きくなります。経口曝露と経気道曝露は、
通常の日常生活で起こります。

経気道曝露は保護具を付けるとか
部屋に出来るだけこもるとかの
方法もありますが逃げないと
なかなか防げません。

しかし経口曝露は食品衛生法によりある
程度守られ、情報が入れば口に
入れないことも出来ます。

 体内に入った放射性物質は、
化学的性質により、
体内の特定の組織に結合することがあり、
局所的に被曝量が大きくなります。
代表例は、放射性のヨウ素131が
甲状腺に取り込まれることです。

 放射性物質が空から振ってきそうな時、
花粉症対策のように部屋に入る前に
払い落とすと言われているのは、
外部被曝を少なくする以外に、
外部被曝が内部被曝に転じるのを
できるだけ防ぐという意味もあります。




Q. いま「ただちに影響がない」と
されている放射線量でも、
放出された放射性物質で汚染された
水や食べ物を摂取したら、
内部被ばくするのではないかと思います。
大丈夫なのでしょうか?



A.
 はい、内部被曝します。
しかし、内部被曝により影響が
あるかどうかは、
放射性物質の量だけでなく、
放射性物質の種類、
同じように放射性物質の化学的な
性質にも影響されます。
あるいは取り込まれた場所の
放射線への感受性
(放射線から受ける影響の大きさ)
によると思います。


人体の中で一番早く影響が出そうなのは、
甲状腺と思われます。
特に若年層に影響が出ます。



Q. 報道されているのは放射線量ばかりです。
しかし例え放射線量は低くても、
少量でも放射性物質を吸い込めば、
内部被ばくしてしまうのではないでしょうか?



A.
 はいそうです。内部被曝します。
後は、上記の質問と同じです。
放射性物質の種類の情報が流れていませんね。
測定されているはずですので、
この放射性物質別の情報が欲しいですね。




恐るべき背筋が寒くなるような、
更に別の事実も明らかになった。

原子力委員会作成の
『飲食物摂取制限』に関する
安全暫定基準値の表の中で、
検査チェック項目が、
「放射性ヨウ素
(混合核種の代表核種:I-131)」

「放射性セシウム」「ウラン」
「プルトニウム及び超ウラン元素の
アルファ核種 放射性濃度
の合計)」の、
全部で僅か4項目となっているのに、

同省健康局水道課
[平成23年3月19日付発令]では、
「放射性ヨウ素」と「放射性セシウム」の
【2項目】だけに更に削られている!

「何故ウランとプルトニウムの
2項目は水道水検査対象核種から
除外したのか?

この基準値を
作成したの原子力委員会策定の
『原子力施設等の防災対策について』
でも、僅か4項目しか検査対象項目と
なっていない。


さらにウランとプルトニウムまで、
更にチェック対象から、
同省健康局が除外している!

 
『飲料水』の範疇には、
『水道水』は含まれず、
検査対象核種も「ヨウ素」と「セシウム」
2種類の元素だけだから、
現在の放射線チェックシステムでは、
もし近未来に「ウランかプルトニウム」
が混入した場合の『水道水』でも、
「シロ=正常値‼」
の検査結果になる‼ 

ーという恐るべき欺瞞性が準備されている。



もはや、日本民族という種は
将来的に切り捨てられている。




誰が日本民族の根絶を計画しているのか?


この闇の黙示録は途方もなく暗く深い…。











ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


15:22  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/464-e5682767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |