2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.02.11 (Fri)

何となく晩夏…ご先祖様のこと

朝風呂につかりながら
窓の外の空を見上げると
真っ青なブルーブルーブルー、空が高い…。
何となく夏も終わりだな~、と感慨に浸る。

風呂は3階の屋上に作っているので近所の
屋根がズラリ見える。

2月11日だから、日本の季節でいえば、
8月中旬、というところだろう。

4日前、いつも通り仏壇と神棚に
祝詞と般若心経を唱えていたら、
フッと、
(あれ、今日は亡父の命日じゃなかったかな?)
と思い、お経を終えて位牌を裏返してみると
やはり、2月7日が命日だった。

あと、2年で亡くなった親父と同じ歳に
なると思うと感慨深い…。

親父は酒好きで毎晩ちゃぶ台の前にお袋を
侍らせて晩酌をちびりちびりやっていた。

僕たち子供は別の部屋で食事をしていた。


親父は姉と妹がいたが皆酒好きだった。
長女だった伯母さんは、親代わりで弟の
親父を「忠(ただし)、忠 」と
猫っ可愛がりしていた。

伯母さんは大分のバス会社の創業者の
社長夫人で親父はそこの常務だった。

バス会社創立時、伯母さんは八面六臂
金集めにかけづり回ったらしい。

ボクが子供時代の伯母さんは
勝ち気なきつい顔をしてホントに
コワイ伯母さんだった。

子供時代、広大な社長邸に行くと
時折、伯母さんと親父の
酒を酌み交わす姿を観たものだ。

創立者社長は、日本人離れした
英国人のような顔立ちの見事な
ジェントルマン振りだった。

子供だったのでよく分からなかったが、
2号さんがいたらしい。

別府に社長の別荘があり
時々遊びにいったものだ。

その別荘は、歌人で有名な柳原白蓮
(明治18年伯爵「柳原前光」の妾の子と
して出生。大正天皇の従妹にもあたる)の
別荘の近くにあった。

今や茫々たる大昔の話だ。

親父は子供時代に両親を亡くした様で
不遇な時代を送ったらしい。

お袋の実家のことはよく分かっているのだが、
親父の実家やご先祖様の事は茫として
分からない。

親父とはまともに向き合って話した事は
なかったが、お袋が時にチラリと
聞かせてくれた話では
結構なご先祖様だったらしい。

子供時代、その社長の養女にいった姉も
「歳をとるとご先祖様のことが気になるわね。
もっと詳しく聞いていたら良かった」と
後悔していた。

子供が出来なかった伯母さんは
ぼくの姉3人と兄を養子にしていた。

従ってボクが高倉家の長男となった。


亡くなった親父の歳に近づいてきた昨今、
何となく、
ご先祖様のことが気になるようになった…。








ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


15:16  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/448-4dbcfefb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |