2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.11.17 (Wed)

中国様 命…⁉

「中国様を悪く言うべきでない」
と仙菅ヤマト



悪代官風・仙谷官房長官のマンガが
週刊誌等に掲載されて笑いを誘っているが、
このまま「仙菅ヤマト」で突っ走ると、
何れ日本は轟沈しかねない。


付け焼き刃が剥げた民主党政権の
支持率は20%に下落した。

さもありなん、元々、日本国民の幻想の上に
成立した政権だったのだから…。

早急に亡国政権をぶっ潰して
解散総選挙に追い込まないと、
中国様の属国に陥ってしまう。

「元々、日本は中国の属国だったのだし」
マ、いいか…⁉

 仙谷由人官房長官は4日の記者会見で、
民主党の枝野幸男幹事長代理が
沖縄・尖閣諸島沖で起きた 中国を
「悪(あ)しき隣人だ」などと
批判したことに反論。


戦前の日本が「侵略によって
中国に迷惑をかけた」ことを理由に
中国を擁護した。

「対中観」で不一致が露呈した形だ。


 仙谷氏はこの中で「古くから中国から
伝来した文化が基本となり日本の文化・
文明を形成している」と 歴史を説きおこし、
「桃太郎などの寓話(ぐうわ)も中国から
取ってきたようなものが多い」と
中国の文化的優位性を強調した。


 さらに「歴史の俎上(そじょう)に
載せれば、そんなに中国のことを
(悪く)言うべきではない」と
枝野発言を否定。

 「(中国は)清朝の末期から先進国と
いうか英米の帝国主義に領土を
むしりとられてというと
言い過ぎかもしれないが、 割譲されて
民族としても国家としても大変、
つらい思いをしてきた歴史がある」と
中国の近代史に同情してみせた。

 そして「返す刀」で日本の
戦争責任論に触れ、
「日本も後発帝国主義として参加して、
戦略および侵略的行為によって
迷惑をかけていることも、
被害をもたらしていることも間違いない」と
日本の侵略を強調して中国を擁護した


仙谷由人官房長官は記者会見で、
日本側からの遺憾の意に対し、

「中国からお答えがあったとは聞いていない」

と述べた。











ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


08:25  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/432-a7388569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |