2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2005.04.03 (Sun)

ピサロより6年前にインカ帝国に侵入した男

中米カリブ海のサントドミンゴに
コロンブスがアメリカ大陸だと勘違いして
到着したのが1492年。

南米にヨーロッパ人が到着したのが
1500年、ポルトガル人が最初とされている。

その後、スペインも負けじと後に続き
Conquistadores(侵略者)たちの
南米蹂躙が始まる。

パラグアイを最初に発見したのはポルトガル生まれの
Alejo Garcia(アレホ ガルシア)だった。

彼も他のコンキスタドールたち同様、黄金伝説にかられて
ラプラタ川奥地を他の仲間3人と一緒に目指し
パラグアイに辿り着いた。

彼はポルトガルの探検船団の一員としてラプラタ河まで
到達したが船長がインディオに殺されたため
スペインに帰る途中、ブラジル沿岸で暴風にあい
船は遭難。

ガルシアは仲間とともにサンタ・カタリナ島に流れ着いた。
この島にはグアラニー系のカリオスと呼ばれる平和的な
インディオが住んでいた。

彼はここでグアラニー語をマスターし、ラプラタ河流域に
あると言われたエル・ドラード(黄金郷)の噂を聞いた。

彼は巧みな弁説でインディオたちを巻き込み
ラプラタ河を北上し現在の
パラグアイの首都アスンシオン付近に着いた。

当地にいたのは白人に友好的なインディオ、
グアラニー族だった。

だが、パラグアイに黄金はなかった。
そこで彼は、ここのインディオたちを手なづけて
インカ帝国攻撃の拠点とした。

彼とインディオ達の混成軍は、
インカ帝国の南端まで侵入し
金銀製品を強奪した。

しかし、インカ帝国も結束して対抗したため
一時撤退を余儀無くされた。

彼はサンタ・カタリナ島の白人の仲間に
強奪した金銀製品の一部と手紙を送って救援を求めた。

しかし、彼は味方インディオの裏切りにあって
仲間3人とともに殺された。

これは、ピサロがインカ侵入を始める6年前の
1525年だった。



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : パラグアイ - ジャンル : 海外情報

タグ : 歴史 コロンブス インディオ

14:28  |  パラグアイの歴史  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/38-712ba21a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |