2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2009.07.24 (Fri)

 新連載   アンチ公民党が多いロス

アンチ公民党が多いロス


世界規模のネットワークを構築して在外選挙権を
獲得した海外日本人ネットワークロス支部は、
各政党に陳情した際、公民党が冷淡で却ってこの運動を
潰そうとしたためにアンチ公民党の機運が強かった。

在外選挙権獲得に積極的に応援したのが当時の新緑党の
議員たちでその議員たちは、その後の政党の離合集散で
今の民政党に移籍した。
従ってロス支部は民政党シンパが多い。

北原が公民党宛の推薦状を南米各地で作成したという
北原のメールに接したロス支部のメンバーの
大半が拒否反応を起こした。
との返信がロスの代表世話人の高山から届いた。

これで北米の支援は得られないとあきらめた北原は、
ニューヨーク経由のJAL便を予約した。
所がその直後、再び高山からメールが入った。

「公民党シンパの人たちが20人程、
急きょ集まって北原さんの話を聞きたい、
と言っているので是非ロスに寄ってほしい」
という内容だった。

従来の支援者グループとガラリ変わって
全く新しいメンバーのようだった。
北原は、VARIG便に切り替えてロスに向かった。

ロス到着2月22日(日)朝7時。ホテルは
リトル東京にある都ホテルである。
3年前、このホテルに泊まった時は、部屋の壁も床も
置いている調度品も古色蒼然としてこちらの気持ちも
萎えるような雰囲気だった。
それが、全面改装したとかで見違える様に
立派になっていた。
宿泊客も多く、活気に満ちていた。
勿論、きれいになった分、料金も上がってはいた。

集会は11時半から同ホテル2階レストラン小サロンで
行われることになっていた。
11時、北原は現地日系TVの白川まどか社長直々の
取材を受けた。
白川社長とは世界日系新聞協会の大会などで何度か
会っている旧知の間柄なので取材にも熱が入った。
 
11時半からの集会には小林前ネットワーク会長
(元加州日本商工会議所会頭)、高山会長、大田ら
ネットワークメンバーも参加していたが、
他は初めての人ばかりで計17名が出席した。

 食事後、司会者役の人が挨拶して参加者の
自己紹介が行われた。
高山ネットワーク会長が簡単に北原の経歴および
これまでの経過を説明した後、小林前会長が
在外選挙権獲得までの経過を説明した。

 この在外選挙権については、小林前会長が
10数年前から提唱して率先して取組んできた経緯、
国会での小委員会に参考人に呼ばれた際の生々しい
やりとりについて話した。
最初は公民党議員主導で否定的ムードだったものが、
小林前会長の堂々たる発言に打たれたある議員が
助け舟を出したことにより、一気に流れが賛成に
変わったという秘話が参加者全員に
強いインパクトを与えた。

 小林前会長の感動的な話しの後、北原がこれまでの
活動経過などについて話をした。
 レストランの方でも団体の集会が行われていたため
そちらの笑い声や拍手などで北原の話が
よく聞こえないので場所を変えて集会を継続した。
移動したサロンは、夜、バーとして使われているサロンで
照明もほの暗く却って落ち着いて話し合いが
出来る場所だった。
 そこで改めて具体的な質疑応答が行われ高山会長が
在外選挙の基本的な質問に答えるという場面もあった。
一通りの意見が出尽くした所で後援会を結成するか
どうかという決議段階に入り、参加者は全員賛成の
意向を示した。
南米では「日系人代表を国会に送る運動」
という名称にしている。

 その「日系人」という名前が南米と北米では
受け止め方が異なっているため
「海外日本人代表を国会に送る運動・北米部」
という名前に決まり早速、事務局長も選出された。

沖縄出身でアメリカに帰化しているジョージ・安田が
指名で選出された。
あまりの手際の良さに驚いたが、
このメンバーを集めるために尽力した大田一郎が
事前の根回したようだった。

 安田はスーパーで大成功した人で沖縄ではテレビ、
新聞などで紹介されているいわゆる立志伝中の人物である。
また、大田は、20数年前、千葉市の市長選挙に立候補し、
惜しくも3位になった人物で正義感の強い人物だ。
その他参加者は、日本ペンクラブのメンバーや
元新聞記者など地元の著名人ばかりであった。
その場で、早速、公民党のキーパーソンである参議院の
赤木幹事長宛に文書を作成し、全員が署名した。
                       (続く)


ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : 脱ニッポン… 日系オバマを!

09:43  |  脱ニッポン…  日系オバマを!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/378-f2fe42c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |