2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2009.07.22 (Wed)

脱ニッポン…  日系オバマを!

所詮、浦島太郎 初めての辻説法


ーとは言え、日本国内の新聞、週刊誌は同業のよしみか、
この南米パラグアイのドン・キホーテ北原の訴え
「在外日本人選挙権問題」を異例の扱いで大きく取り上げた。

10月、沖縄で行われた「世界ウチナンチュー大会」
に出席した北原は、郷里、大分市に戻り選挙事務所を
立ち上げた。

大分市では、高校のラグビー部OB会、友人、知人関係を
中心に後援会作りに励んだ。

同市中心部で初めて辻説法をする時には、
さすがに勇気がいった。
だが、一旦、ハンドマイクを持ち、通行人に話し始めると
度胸が座り、いくらでも大声で話す事が出来た。
同市一番の繁華街のデパート前に自転車を止め、
その自転車に
「草の根海外日系ネットワーク・北原ジロウ」と
青地に白く染めた幟をくくりつけてその前で辻説法を行った。
晩秋の大分にも冷たい北風が吹くようになった。

北原は勢い込んでマイクを握ったものの地方都市の人たちに
何をアピールするかで頭を悩ました。
物理的にも意識的にも海外と縁遠い大分で海外日系社会の
事を話してもピンとこない。
やむなく最初は傍目八目という言葉があるように
次の様な海外から見た日本の問題点を話した。

「皆さんの税金であるODAが海外でドブに
捨てられているのをご存じですか?」

「中南米を切り捨て、アジア、中国一辺倒になることの
危険性」
「グローバルグローバルと唱えながら、日本は未だに
江戸時代以降、精神的な鎖国体制から脱し得ていない」

「政治家にとって国際問題や外交が選挙で票にならないから
誰も真剣に取り組まなかった。そこにあの五郎さんが
外務省を牛耳りODAを食い物にしてきた。
今の選挙制度が続く限り国際関係に精通した
政治家は生まれない」

「東の千葉、西の大分が金権選挙の双璧といわれる
風土をなくそう」

「生まれた時から有り余るモノに囲まれた生活を過ごしてきた
若者たちよ。何もない途上国でボランティア活動に励もう」

「活力に満ちたシニア世代も数十年の人生で蓄積した
経験技術を途上国で活かそう」等々…。

これらは確かに正論ではあるが聴衆の反応は
今一つ鈍かった。


ある人が北原に「もっと地元に関係ある話題を訴えた方が
いいのでは…」と、アドバイスした。

北原は周辺市町村を路線バスで回った。
北原が居た26年前に比べて県内のあちこちに
高速道路が出来ていた。
それに比べて周辺市町村の寂れ様が気になった。
バス旅行から帰って見聞した周辺市町村のこと、
市内商店街の衰退ぶりを辻説法の時の話題にした。
これには確実に聴衆の反応があった。
皆一様に聞き耳を立て、時には同意の拍手も起きた。

「全国3千数百ある市町村の3分の2以上で過疎化が
進んでいる。
交通が便利になることは周辺市町村の過疎を促進する。
郊外の大型ショッピングセンター栄えて
駅前商店街が寂れる」

「駅前商店街は人口が減っていく若者を対象にするよりも
数も多く、お金も持っている中高年層を対象にすべきだ」

「駅前商店街をお年寄りの原宿たる東京のトゲ抜き地蔵で
有名な巣鴨のような商店街にしてもいいのでは…」

「目の肥えたシルバー世代が夜、ゆったりと
オープンカフェでコーヒーを楽しんだり
ウインドーショッピング出来る様な洒落た
商店街作りが必要だ」

「周辺市町村の過疎化にストップをかけるのが
難かしい以上、交流人口(観光客)を増やす方法を
考えた方がいい」
「それも点ではなく面として…」

「これからの政治家は地元の特定業界団体の利益を
図るために道路を造ったり、ハコモノを作るのでなく
地域発展のための戦略的な企画を真剣に考えるべきだ…」
等々…。

辻説法も場を重ねてくると世代別、男女別に何を話せば
受けるかということが段々分かってきた。

辻説法をしながらも北原は自分の言葉の空しさに次第に
嫌悪感を覚えてきた。

如何に北原が郷里大分の発展のために熱弁を振るおうと
所詮、26年振りに帰ってきた浦島太郎に過ぎない。
また、北原も海外日系社会の重要性を内外に訴え、
その活用を図るために全身全霊を傾注している以上、
自分の地盤は海外日系社会だ、という意識を拭いきれない。
「大分の発展のために…」と言う言葉に今一つ
真剣味が足りないのもヤムを得ない。

大分で活動して暫く経ってから愛知県の人材派遣会社の
林田社長から電話が入った。

「南米の日系就労者がいろんな面で困っている。
力を貸してほしい。こちらで活動した方が支援者の理解を
得やすいですよ」との電話が再三入った。


北原が最初に事務所を立ち上げる時に
3つの選択肢があった。

「海外日系社会の人権問題を取り上げるなら
何と言っても東京ですよ」とは、
マスコミ関係者からのアドバイスだった。

一方、愛知県は南米からの就労者が日本で一番多いので
県民や地元マスコミの理解を得やすいとの
アドバイスもあった。

確かに東京新聞に掲載された北原の記事が愛知県の
中日新聞では見出しを変えただけで2回も掲載された。
しかし、昨年の時点では東京も愛知もなんら拠点が
なかったので勝手知ったる郷里大分での事務所立ち上げが
一番手っ取り早かったし、活動もしやすかった。

安易に事務所は開けたものの、やはり大分は、
距離的にも意識の面でも南米から遠かったし
東京からも遠い、所詮、地方都市に過ぎない。

愛知県では2つの人材派遣会社が事務所を
無償で提供すると申しいれてきた。
別なある団体も支援を約束してくれた。

海外在住の日本人の人権問題をアピールするために立った
北原が南米からの出稼ぎ就労者の人権問題を
取り上げるのは必然のなりゆきであろう。

「自治体に出稼ぎ就労者の問題を相談に行ったら
『南米に帰した方がいいんじゃないですか』
と剣もほろろでしたよ」と嘆いていた林田社長。

大分での活動に限界を感じていた北原は、
林田社長の呼びかけに心が動いた。
名古屋に飛んだ北原は、林田社長に会った。
同社長は愛知県でも大手の部類に入る人材派遣会社を
経営しており、50代のエネルギッシュな人物だった。

「いろんな政治家の先生方に日系人就労者問題を
相談に行っても全然理解出来る人がいないので困りますよ」

南米からの就労者は、バブル期の日本の3K業界に
とっては単なる使い捨ての労働力に過ぎなかった。
ブラジルの就労者たちが固まって住むようになった
団地では日本人居住者がその団地から逃げ出すという
現象が起きていた。

夜、仕事帰りの女性が団地の公園を歩いている時、
後ろから大男の黒人がノソノソ歩いて来ると
「恐くて逃げ出す」というのも分からないではなかった。

使い捨てられて失業した彼等が、自動車泥棒や麻薬の
売人に転落するというケースも多いようだった。
また、親に連れられて来た子供たちの不登校も
大きな問題になっていた。

南米日系就労者を労働力としか考えていない同業界でも
同社長は、就労者の人権や失業後の彼等のケアのため
NPO法人を作っているという異色の経営者だった。

北原のことは中日新聞で知ったらしかった。
マスコミが海外からの風変わりな立候補者北原を好意的に
取り上げていることから、南米からの出稼ぎ者が多い
愛知県下で北原を担げばそれなりにメディアが
出稼ぎ就労者の社会問題を
取り上げてくれるだろうという計算のようだった。

「当選は無理ですよ」社長は北原に釘を刺した。

北原も勿論、当選など最初から考えていなかった。
そもそも、北原が手を挙げようとしたのは、
海外日系社会の存在を知らしめるとともに、
折角出来た在外選挙権の選挙人登録を増やすための
起爆剤になればとの止むに止まれぬ思いから
ドン・キホーテ役を買って出たのだった。

北原が最初行動を起こした時、内外のメディアは
年内にも解散必至、という論調だった。

何しろ「自民党をぶっ壊す!」として総裁選挙に勝った
大泉首相がすぐにでも解散総選挙をやるのではとの
多分にマスコミの勝手な思い込みもあったのだろう。

北原も3、4カ月の短期決戦であれば手持ちの資金で
名乗りを上げる迄の行動は出来るとの計算だった。
所が年内に解散はなかった。

正月を過ぎると春3月には解散総選挙か?
というマスコミ予測が盛んに流された。
だが、これもなかった。

大分市内に借りた事務員が一人もいない事務所で北原は
折り畳みベッドを広げて寝泊まりした。
市内に遊説に出る時は、事務所にかかってきた電話は
携帯に転送するように切り替えて出かけた。
次第にマスメディアに解散の噂も出なくなった。

辻説法中、雨が降り出し自転車でガランとした事務所に
一人帰ってずぶ濡れの衣類を脱ぎ、途中で買った
コンビニ弁当をボソボソ食べる夜などは、
さすがに虚しい気持ちに陥った。
夜、傘をさして自転車で毒々しいネオンが煌めく歓楽街を
横目に銭湯に行く。

髪を洗っていると髪の毛がバサバサ手についた。
元来、楽天主義が信条の北原もさすがに
(ストレスを感じているんだな~)、とため息をついた。

月日だけはどんどん過ぎてゆき、当選の目処さえない
絵空事の空しい遊説…。
立候補に必要な供託金さえもなくなった。
たとえ愛知県に事務所を移したとしても立候補するための
供託金もないのでは、支援者を欺くことになる。

そんなある夜、電話が鳴った。
「宮崎編集長が倒れて入院したわよ!」
パラグアイの優子からだった。
                        (続く)








ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


10:58  |  脱ニッポン…  日系オバマを!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/376-716fcd2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |