2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2009.07.19 (Sun)

伊具阿須神社地鎮祭盛大に挙行

予てから準備を進めてきたイグアス神社の地鎮祭が
7月17日(金)午後2時、上田良光宮司
(東北学院大学教授•磐椅神社宮司)により
厳かに挙行された。

当日は前日の大雨が奇跡的に上がり、澄み切った
青空が一杯に広がった。

集まった近隣の日本人移住者21人が用意された
玉串を奉納し、オラガ村の鎮守様の完成を祈願した。

上田宮司は当神社を伊具阿須神社神靈と命名し、
世界1の大瀑布イグアスの滝の水神様の降臨儀式を
執り行った。

これで名実ともイグアスの大滝の龍神様がご祭神となられた。
jichinnsai

祭壇と鳥居

まさに今回の地鎮祭はすべてが神計りだった。
当神社造営には人的な障害があった。
それが一気に逆転して神の道が整地された。

その障壁があったため「イグアス神社を造営する」と
大きな声では言えず、
「鎮守の杜」として頭を低くして進めてきた。

ところが一気にその障壁が取り払われ、キーパーソンたる
上田先生がこの4月、ペルーの大学に客員教授として
赴任された。

赴任前、「ペルーに客員教授として赴任しますので、その際、
イグアス神社の地鎮祭用の神主の装束を持参します」と
メールを頂戴した。

そして今回の儀式となった。

上田先生があまりの激しい雷雨に肝を潰した
前日の大嵐は出雲大社のご祭神「すさのうのみこと」の
顕現だった。

地鎮祭が滞りなく終わった後の直会(なおらい)で
ボクは、当神社を当地の住民の氏神様として皆さんで
護り育てて欲しい、とお願いした。

そして、年初、「天空神社を造るべし」との天啓を受けて
出雲大社に参拝したこと。

さらにここに「イグアス天空神社を造営する」と
高々に宣言し、「レンガ1個の天空神社協力」を要請した。

前日の大雨もあり、地鎮祭参列者はせいぜい10名位かな?
ーと、先生にも話していたが何と19名もの人が
集まってくれた。
その中には当移住地の日本人会、農協役員をはじめ
地元の有力者も集って頂いた。

ボクは、まさか、この場で天空神社構想まで
発表出来るとは想像も出来なかった。
これでイグアス天空神社構想は公に認知された。

まさに神計りたる所以である。

高倉参拝






ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : イグアス神社

23:06  |  イグアス神社  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/374-3078230e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |