2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2008.06.09 (Mon)

拙著「イグアスの風」更に遅れ、8月出版予定…!

久しぶりのブログ更新だ。

弊社、編集長のパソコンが壊れたので、以来、ボクの
パソコンを彼に貸していた。

昨年もカミナリの直撃で弊社3台のパソコンが壊れたので
買い替えたのだが、“魔”の働きは執拗だ。


拙著「イグアスの風」は今年、1月末刊行の予定で昨年から
準備を進めてきたが、その予定が5月下旬に延びた。


今朝(6/9)「「在外邦人としての出馬、さらにユダヤ民族と
日本民族との接点発掘という大ロマンをベースにさらに加筆、修正してほしい」
と出版社社長から、“8月出版を目指したい”というメールが入った。


魔のいたずら…!

以前、これにも書いたが
1月、松の内も明けぬ5日、いつも早朝ウォーキングに行く
公園で瀕死の青い鳥を拾い自宅に持ち帰ったが、程なく死んだ。

そして4月25日、3階の風呂場でハチ鳥が死んでいた。

その時から秘かに様々な障壁は覚悟はしていた…。

第一の蹉跌は、1年前の訪日時に兆しがあった。

昨年、出版の打ち合せ時、O社長は「日本中を驚かせる本にします」と
張り切っており、元朝日新聞記者のエース編集者を
担当にしてくれた。

「東大卒です」さり気なくも誇らしげな社長。

その編集者もボクの原稿を精読し、「久しぶりに日本人らしい
日本人に出会った。この本を自分の編集者人生の代表作にしたい」
とO社長に話した。

ボクが訪日したら「ホテルに一緒に籠って校正作業に当たりたい」
と張り切っていた。

訪日前、メールでその編集者と校正の荒打ち合わせをした。

訪日直前、彼から「体調が思わしくないので病院に検査に行くので
訪日を1カ月、遅らせて欲しい」とメールが入った。

1カ月後、彼の病名が判明した。
胃がんだった。
もう手遅れだ、とかで抗がん剤投与しかなかった。

一縷の望みを抱いて訪日し、彼の病状を社長に聞いた。

「近くの病院に通院して治療を受けているようなので
通院時、打ち合わせが出来るかもしれない」
とのことで、彼に電話してくれた。

「抗がん剤治療で体力の消耗が激しく、気力が全くないので
ちょっと無理です」とのことだった。

これが第1の蹉跌だった。


「イグアスの風」が世に出れば日本の食糧危機問題に
一石を投じる事が出来るのだが…。

ニッポン救済が遅れるが、我慢、我慢。
ムムム…!
hyousi-ichiran.jpg



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : イグアスの風

09:08  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/291-3a651fb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |