2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2008.05.11 (Sun)

シャンソン歌手が6月に来パするそうだ。

今朝、新移住者のYさんが来社して
「例のシャンソン歌手が6月に見えるそうですよ。
取合えず2~3カ月の短期滞在だと思うんですがね」

「あまりパラグアイに夢を膨らませない方がいいけどね」
と老爺心でボク。
何れにしてもカルチャーショックは免れまい。

偶々、テーブル上に学生寮の入居者募集のチラシがあったので、
電話で問い合わせてみた。

「一般の人でも入れますか?」とカミさん。

何でも男子寮は1部屋しか空きがないそうだが、
6部屋ある女子寮は5部屋空いているそうだ。

「エッ、月23万グアラニーですか?」
安い、たったの50ドルではないか…。
他の県人会寮やハマナスセンターなどの半分の値段だ。

安すぎる。タダみたいな値段だ。
早速、Yさんとカミさんと車で見に行った。

新聞社から5分もかからない絶好の場所だ。

gakuseiryo.jpg

芝のバレーコートが2面ある広い敷地の学生寮

築30年だから中はかなりくたびれている。
二階が男性専用で一階が女性専用だ。
台所、トイレ、シャワーは共同だ。勿論、男性、女性と分かれている。
部屋は8畳程度の広さだろうか。

この学生寮は10年程前まではいつも満杯で
相撲、バレーボール等いろいろなスポーツ大会やイベントが行われて
いつも賑やかだった。

しかし、独立行政法人・国際協力機構(JICA)の移住事業からの撤退で
全ての関連施設が各地の日本人会、農協などに業務が移管される中、
この学生寮も日本人会連合会に移管され、今は学生たちの自主管理に
任されている。
日会連合会が多少は補助金を出しているようだが、なかなか、維持管理は
厳しそうだ。

訪問時、当学生寮OBのMさんがせっせとペンキ塗りをしていた。
Mさんはボクと同じオイスカメンバーで
ボランティア精神に富んでいる女性だ。

「5年間、ここでお世話になりましたから日々傷んでいくのが
つらくて補修作業を手伝っています」とMさん。

今はもう30代だろうか、青春の思い出の学生寮を大事にしたいという
彼女の気持ちが痛い程分かった。

「学生寮再生に協力しますよ」と…、
ボカ~、彼女の手を握りしめて感涙にむせんで誓ったよ。



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : 移住 学生寮 アスンシオン

02:13  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/277-0c116afa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |