2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2008.03.20 (Thu)

休憩室

すっかり秋めいてきた。秋といえば思い浮かぶのが
“おわら風の盆”立春から数えて110日にあたる頃に催され、
風鎮めと豊作を祈る踊りだ。哀調を帯びた旋律が夏の終りを知らせる。
笠を深くかぶって顔が良く見えない舞姿が何とも情感をそそる。

▼風が心地よいカフェテラスでパラパラと雑誌を見ていたら
ゲゲッ仰天!
「あなたは家族に殺される!」
という扇情的な見出しが目に入った。

ナ、ナント!2件に1件近くは親族が被害者となっている、
という。これはパラグアイの事ではない。
日本の警察庁によると殺人・殺人未遂事件の内、
被害者が親族となった事件は、平成9年以降、
急速に増えはじめ、平成19年には47、8%に拡大した、
という。
まさに、オオ、ニッポンよ…!!

同誌によると、「明治40(1907)年に制定された刑法は、
200条で、通常の殺人罪に加えて、
尊属殺を犯したものに対して重罰を課すと規定していた
(尊属殺人罪)。自己または配偶者の直系尊属を殺害した
場合には死刑または無期懲役とし、
普通の殺人罪(死刑、無期懲役、3年以上の懲役)
より重く罰していた。ところが、戦後民主主義による
価値観の転換により、この規定が家父長制度の遺風であり、
民主的でないと指摘されるようになり、昭和48年4月、
最高裁は刑法200条が憲法14条で規定された
『法の下の平等』に違反し違法であるとの憲法判断を示した。

 (中略)ついに平成7年、制定以来88年ぶりに刑法を
大幅改正し、尊属加重規定が削除されるに至った。

併せて『尊属傷害致死罪』『尊属保護責任者遺棄罪』
『尊属逮捕監禁罪』も削除された。親族殺人の増加ペースが
加速するのは、まさにこれ以降だ」(月刊日本・3月号)。

夫婦で遊びたいからと保育園に子供を預ける親、児童虐待、
家庭内暴力、少子化等々…。

家族といえば国家の根幹である。
日本がコワレル~ッ⁉

それに比し、パラグアイ人家族の仲睦まじきことよ。
何よりお年寄りを大切にする有様は実に微笑ましい。



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : 日系ジャーナル 日本がコワレル~ッ⁉

01:04  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/259-238f5018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |