2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2008.03.07 (Fri)

呆(ほう)けよ! 軽躁なる日本人…

日本人は一見沈着冷静なようだが、
意外と右や左にぶれ易い。
そして付和雷同し易い。
これに比して英国人は物事に動じない大人の見識たる
国民性を身につけている。

―と英国贔屓の著者が著した
「大人の見識」(阿川弘之著・新潮新書)を読んだ。
これを購入したのはカミさんだ。

大人の見識 (新潮新書 237)大人の見識 (新潮新書 237)
(2007/11)
阿川 弘之

商品詳細を見る


例の「女性の品格」や「日本人の品格」や日本人の
常識シリーズと同類の本だと思って注文したらしい。

女性の品格 (PHP新書)女性の品格 (PHP新書)
(2006/09/16)
坂東 眞理子

商品詳細を見る


日本人の品格 (ベスト新書 149)日本人の品格 (ベスト新書 149)
(2007/07/19)
渡部 昇一

商品詳細を見る


カミさん、届いたその本を2、3ページ読んで
「これは、ちょっと私には…」と嘆息をついてボクに手渡した。
パラパラと目次を見ただけで納得した。

“日独伊3国同盟” “昭和の陛下の軍事学”…等々、
これは硬派の本、男性向けの本である。

阿川弘之といえば、コチコチの英国、ネイビー、
昭和天皇礼賛派で徹底的な陸軍・東条嫌い等々の
イメージがある作家で如何にもといった謹厳実直風の風貌から、
これまで敬遠していた作家だ。

本の中にパラグアイのネイビーの話が出てくる。
浅羽満夫元パラグアイ大使から聞いた話として
紹介している。

「南米のあの内陸国に海軍があるんだそうですよ。
2つの大河を行動範囲とする河川海軍ですが、
かってブラジル、アルゼンチン、相手に烈しい
水上戦闘をしたもともあり、国民は自国の海軍を
誇りにしている。その河川海軍の提督が、
『大使、ネイビーはインターナショナル。1日海軍の
飯を食ったら一生海軍』と言ったそうです。
浅羽大使が第二次大戦中、予備学生出身の士官で、
一時期“大和”乗組員だったと知っての親愛発言で
あったらしい」

成る程、読んでみると全編、英国礼賛一辺倒だ。

ボクもラグビーやってたから、英国的なものは好きだ。
特に白地に赤いバラの刺繍が縫い込まれている
英国ナショナルチームのジャージは昔、買って今も
大事にとっている。

だが、英米ダ~イスキ、絶対服従派の人たちは
何となくうさん臭い。

先の大戦では陸軍悪玉、海軍善玉とみなすのが
これまで大勢を占めていたが、
昨今、英米協調派の米内光政、井上成美、山本五十六らは
わざと負けて日本改革を意図していたのではないか?
ーとするやぶにらみ論がチラホラ散見されるようになった。

ーとすると、アメリカに日本市場を丸ごと献上した
市場開放改革論者の忠犬ポチたちもアメリッポンと
なることによって大ニッポン帝国復活を目論む
超高等戦術かしらん?

しかし、大英帝国が培って来た「大人の見識」は、
何人といえども「フ~ム!」と頷かざるを得ない。


この本でボクが感銘を受けたことが2つある。
その1つがボリュビオスの言葉だ。

その話は京大教授の中西輝政さんが、
教えてくれたこととして紹介している。

「ギリシャの歴史家ポリュビオスによれば、
物事が宙ぶらりんの状態で延々と続くのが人の魂を
一番参らせる。その状態がどっちかへ決した時、
人は大変な気持ち良さを味わうのだが、
もしそれが国の指導者に伝染すると、
その国は滅亡の危機に瀕する。
カルタゴがローマの挑発に耐えかねて暴発し、
滅びたのはそれだとー。

さらに付け加えて中西教授が言うには
「この言葉、近代の英国では軍人も政治家も
よく取り上げる決まり文句。英国のエリートは、
物事がどちらにも決まらない気持ち悪さに延々と
耐えねばならないという教育をされている。
世界史に大をなす国の必要条件ということです」。

そしてもう1つは、信玄の遺訓の3つの遺訓だ。

1つ、分別あるものを悪人とみること
2つ、遠慮あるものを臆病とみること
3つ、軽躁なるものを勇豪とみること

この中の3つ目の言葉が本の帯の大きな
サブタイトルになっている。

“軽躁なる日本人へ 
 急ぎの用はゆっくりと
 理詰めで人を責めるな
 静かに過ごすことを習え…”


確かに日本人は無為に過ごす時間が一番苦手だ。
だけど、最近ボクはある小さな発見をした。

それは呆(ぼ)ける、という字だ。

この字は木の上に口がある。
つまり、無為に過ごすとは、この呆の字の様に木が、
ポッカ~ン…と大空に口を開いて大気を吸い込んでいる
状態ではなかろうか、と…。

ポッカ~ン…と呆(ほうけ)て
無為に過ごす時間もワルクはない。



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ :

00:50  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/255-173db9de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |