2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2008.02.16 (Sat)

風雲急! 中国軍の金門島、馬祖島占拠!

男女の愛の誓いの日とされるバレンタインデーは
洋菓子屋のインボーだぁ~⁉ 
と目くじら立てるのも大人げないが、お見事、パチパチ!

考えてみれば商業分野に限らず総てモノゴトには何らかの
思惑が秘められている。

しかし、事が国レベルとなると由々しき事態である。

先の福田総理の訪中時、中国は前例のない様な歓待振りを
示した。ご存知のように福田総理は
「相手の嫌がることはしない」として靖国神社参拝もしない、
と明言したほどの親中派として知られているのだが、
中国は大歓待することによって尚一層、
反中的な言動を取り辛い状況に追い込んだ。

更にその上、中国海軍は建国以来58年振りの駆逐艦「深せん」
で日本を軍事訪問した。

「月刊中国」誌によれば、これは1990年代の
ロシア海軍のボロ船だという。
中国が昨年12月、台湾近海で示威的な海・空軍による
軍事演習の際に集結した軍艦はロシアやオーストラリアから
2000年以降に購入した最新型だという。

つまり、ボロ船を日本訪問させたのは「中国軍の海軍力は
この程度か」と過小評価させる作戦だったのではないか、
とみている。

昨今、中国内で物価の高騰が続いており豚肉(56%)や
ガソリン価格(80%以上)が値上がりしているが、
これは中国軍が戦争準備のため備蓄量を
急激に増やしているためだという。

12月25日の猫眼ネットによれば、
昨年9月まで韓国企業は1950社進出していたが、
急に撤退を始めたという。

珠江三角州にある7万社の香港企業も20%以上が
撤退し始めたそうだ。
同誌によれば、中国軍60万人が台湾海峡で4万人の
守備隊しかいない大陸直近の金門島、馬祖島を一気に
2週間以内に攻略する作戦だという。

米国は台湾と台湾関係法(TRA)を締結して
有事の際、米軍が支援することになっているが、
両島はその保護範囲に入らないという。

つまり、日米共々、この軍事衝突は「対岸の火事」
として黙認してほしい、
との狙いが込められているというのだが、ハテ…?



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : 中国

00:20  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/247-4add0878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |