2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2008.02.07 (Thu)

パラグアイに女性大統領誕生か?

「時事斜断」

       「女性政権の到来か?」
                   坂本邦雄



昨年末来、赤党コロラドの次期公認大統領候補者の
指名争いが、ニカノル・ヅアルテ・フルトス大統領の
推す「リスタ-5」の前文部文化大臣
ブランカ・オベラル女史と、
「リスタ-4」の対立候補者ルイス・カスティグリオニ
前副大統領との間で激しい接戦となり、
12月16日当日の投開票では両陣営共に
各自が早々と勝利を宣言した。

しかし、お互いに相手の選挙不正を攻撃し、
形勢は多少ブランカ・オベラル女史側に有利と見えたが、
これをカスティグリオニ派は認めない為に、
赤党選挙管理委員会はブランカ・オベラル女史当選の
決定公表を控え、問題のネックと化したアスンシオン市の
赤党第18支部管轄の重要選挙区に限って、
補正再予選を12月30日にやり直す事にしたのは
周知の通りである。

 この結果はカスティグリオニ氏が執拗に
主張していた通り、同選挙区に於ける勝利が確認されたが、
全国にわたる総票集計ではアスンシオン市、セントラル県、
プレシデンテ・アジェス県、カアグアス県、カアサパ県、
アルトパラナ県を除く他の13県では「リスタ-5」の
ブランカ・オベラル&カルロス・マリア・サンタクルスの
正副大統領候補コンビが、4020票の差で
「リスタ-4」のカスティグリオニ派を制した事が
 1月21日(月)に“選管当局”に依り発表され、
翌22日19:00時、赤党本部で開催された党大会で
正式に赤党公認次期正副大統領候補者として夫々宣言を受けた。

なお、「リスタ-5」を構成したブランカ派の地方県知事、
県会議員、自治体(市長/市会議員)や国会議員等の
各立候補者も公認された。

赤党公認次期大統領候補に決まった
ブランカ・オベラル女史は、
「この上はリスタ-5もリスタ-4又は他の派閥リストも
存在しない。コロラド党員たる皆は過去の確執を忘れ、
今度は“リスタ-5”に代わった吾が新“リスタ-1”を
中心に大同団結して、来る4月20日の
全国大統領総選挙戦の必勝を期し、
健全なる福祉国家建設を誓って、
コロラド党悠久の政権存続に努めるよう!」と呼び掛け、
檄を飛ばした。

これ迄に至った幾多経緯の変遷は紙幅の関係で省略するが、
一方“負け馬”のルイス・カスティグリオニは
飽くまでもブランカ・オベラルの勝利は不正選挙に
依ったものであると主張し、絶対に認めない姿勢を
崩しておらず、その無効性を最高裁判所にまで訴えると
力んでいる。
何とも往生際の悪い醜態だが、なお自分は4月20日の
選挙では白紙投票で済ますと毒づいている。

更に悪いのは、カスティグリオニ派は
ブランカ・オベラル女史の呼び掛けには耳を貸さず、
コロラド党団結に協力しない 態度を示している事である。  

 一見すると、ブランカ・オベラル女史の政治前途は
多難に満ちているが如しで、 自身も洩らしている様に、
伝統的にマチズモ(男権主義)が根強いこのパラグアイで
苟(いやしく)も一女性が大統領選挙戦に
チャレンジするには、先ず相当な抵抗がある事を
覚悟しなければならない。

つまり一種の大きなジャンル上のハンディキャップが
あるのである。

なお、赤党古参の有力者
ディオヘネス・マルティーネス氏(元外務大臣)は、
もしブランカ・オベラル女史がパラグアイ初の
女性大統領に選出された場合は、
ニカノル・ヅアルテ・フルトスを筆頭にする
赤党強硬主流派の影響下より離脱する必要がある。
さもなくば、かってのラウル・クバス政権の黒幕 
リノ・オビエドとの腐れ縁の如き轍を踏む事になり、
独自の政権運営が行えない、と云う意見である。

次いで、政界の曲者でパラグアイのラスプーチンに
例えられるフアン・カルロス・ガラベルナ赤党上院議員は、
アンドレス・ロドリゲス政権以来15年余りに亘り
現役を保って来た渡世術に長けた、且つ、
何かにつけて問題を起こす政治家であるが、
ワスモシ政権成立時(1993)には
対立候補ルイス・マリア・アルガニャの票を奪って、
アンドレス・ロドリゲス大統領が推す
フアン・カルロス・ワスモシを後継大統領に
当選させた工作に自分も関わった事実を暴露し、
恰(あたか)も今回もブランカ・オベラル女史の
赤党次期公認大統領候補指名に寄与したかの様な発言をして、
世論の少なからぬ顰蹙(ひんしゅく)を買った。

ブランカ・オベラル女史は、とんでもない事だと
大いに不機嫌で、こんなケシカラン人物は
遠ざける様に努めている。

女性大統領と云えば、チリ国でラ米初めての公選に依る
ミチェレ・バチェレト 女史が既におり、
隣国アルゼンチンでは昨年末
クリスティナ・キルチネル大統領が晴れて就任した。   

かって同国のフアン・ペロン大統領の政権初期9年間を支え、
33才の若さで子宮癌で夭折した神話的な
エヴァ・ペロン夫人の如きカリスマ性の有無が
問われるとしても、吾がパラグアイでも今年は
ブランカ・オベラル女史が初の女性大統領に当選し、
その女性政権下に於いて素晴らしいパラグアイ国が
開花する事を大いに期待したいものである。

他方、次期政権奪取に野心を燃やす
親伯派リノ・オビエド旧将軍(UNACE)の動きや
虎視眈々(こしたんたん)たる
左派愛国改造同盟(APC/フェルナンド・ルーゴ&
フェデリコ・フランコのコンビ)等、
何れの対抗勢力も 侮れなく、
今後4月20日の全国大統領総選挙へ向けての
与野党各派の選挙運動が激化するであろう。

ところで少々奇異に感じられるのは、
前記の問題のガラベルナ発言を聞いてか
何かの事情は分からぬが、フェルナンド・ルーゴ元司教が
或る外国の通信社とのインタービューで、
「私が大統領選に勝っても就任できるかどうかは
疑問である。何故ならば例の赤党の常套詐欺手段で、
勝った選挙も奪われるだろうからである。
なお、諜報筋の忠告では私の殺害を狙う刺客が
始終付き纏(まと)っており 身の危険を感じている。」と、
“降らぬ前の雨傘を開いている”弱気の発言の他に、
健康上の心配も周囲の者に洩らしている、と云う事である。 (了)

(日系ジャーナル 1/31号より)



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : パラグアイ - ジャンル : 海外情報

タグ : パラグアイ政治 日系ジャーナル

00:15  |  パラグアイ情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/244-6066b7cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |