2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2007.09.15 (Sat)

南米日本人から見た総裁選

何だコリャ~?

何ともガッカリしたのが一夜にして出現した
福田オセロ現象だ。

そりゃ~、勝ち馬に乗らなきゃ~、
次の総選挙の公認をもらえない、っていう
死活問題も分かる。

ボクら南米野次馬派は、今、
「自民党様ご臨終!  南無阿弥陀仏…」 チ~ン! 
恭しく手をあわせている。

自民党は一度、ボロボロになって下野しろ!
と何度も書いてきたが、
それが今回のオセロ現象で現実のものとなった。

ボクら南米日本人としては、これ迄何度か
南米に来たことのある太郎ちゃんに親近感を
感じていたのだが、あの「フフフ…」の
シニカルな貧乏福ちゃんではゲゲゲの鬼太郎ー。

実はもう27、8年前になるだろうか、
自民党青年部20数名がパラグアイ視察に
来たことがある。

これは当時、日本パラグアイ協会の故・二階堂進会長
(衆議・田中角栄の大番頭)が、その前にパラグアイに
来て非常な感銘を受けて「君たちも一度パラグアイを
見てこい」と進めたことから実現した。

ボクも自民党青年部グループをアスンシオンから
ピラポ移住地、エンカルナシオンまで追っかけ取材した。

彼らはピラポ移住地を訪れ、日本の反対側で日本人が
頑張っている姿に非常に感激して帰国後、彼らは
「ピラポ会」を作って暫く交流が続いた。

その時、太郎ちゃんがボクに「どういうきっかけで
パラグアイに来たのですか?」と聞いたので
「アフリカ等の飢饉を救うためにこの国で
食糧増産に励もうと思って来ました」
と言ったら、例のあの口をへの字に曲げて
「アフリカの飢餓は、食糧を増産すればいい、
という単純な問題じゃないんですよね~」と笑われた。

あの時来パしたメンバーで未だ第一線で
活躍しているのは太郎ちゃんだけだ。

このオセロ現象を覆すことが出来るとすれば
田中眞紀子のようなお助けオバハンの登場
が起こるか、どうかだ。

逆転勝利っていうのは、難しいだろうが、
日本人は、判官贔屓が多いし、
あのキャラクターのファンは多いので
意外と健闘するのじゃないかと考えている。

ファイトッ!  太郎ちゃん!



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : 日本の政治

22:37  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/210-e6193f61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |