2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2005.01.26 (Wed)

南の国のブンヤ ミチオ高倉

昭和っぽい路地裏散歩・・・焼酎看板

ー別府旅情ー

人気サイトを流していたら、別府の色町云々…。という文字を目にして思わずブラリと立ち寄りました。
思い起こせば、ウン十年前、ストリップ劇場、キャバレー「ボンつるみ」「バンビ」、ダンスホール「紫苑」等々、裏町を這いずり回ったあの狂気の青春時代が、ウーム、懐かしい…。
想い想われ、追い追われ、男と女の情念絵巻。

因果は巡る矢車の、血を吐き、汗かき、泥まみれ…。
まっこと、青春時代というやつは何とも制御しがたい暴れ馬でござんす。

流れ流れて南の国へ、ここはパラグアイ アスンシオン。
今じゃしがないブンヤ稼業…。

ボ、ボカァ~、大分のお町、大分市生まれ。カ、カ、カラスのかみさんは、そう、別府なんですよ。

あのシャッター商店街、楠木銀天街が少しづつ蘇りつつあるって、ホントですか?
そりゃメデタイ! 弊社前の焼き鳥屋「結」のオヤジ(竹田出身)と、いいちこで乾杯しましょう。

数年前、銀天街を歩いたら、こりゃまたホイホイぶったまげ!
シャッターは勿論、あちこち虫食いの駐車場だらけじゃござんせんか!

ボ、ボカーァ、かみさんに言ったね。
「別府市長になっち、別府の街を再生したらどげ~な」
「そげんことしたら、とうちゃん、かあちゃんに怒らるんがえ~」

かっての都町の帝王、ミチオ高倉。 今、硬派のブンヤ…。

灼熱の炎天下、ヒッソリと白いバラが咲いた。

南の国から愛を…。

ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : エッセイ - ジャンル : 小説・文学

15:34  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/2-8e1f8f4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |