2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2007.04.26 (Thu)

狂った祭の後…

不思議な因縁


4月1日、エイプリルフールに始まった統一教会幹部
大田さんらの誘拐事件も無事釈放されて一件落着。


「奇跡ですよ…」と喜ぶ大田さんとハグハグ。
大田さんも極秘裡に日本に帰国…。
63キロあった体重が拘束中に53キロに減ったそうだ。

僕は、11年前、ウルグアイの
モンテビデオで行われた統一教会主催の
「南米日系人同胞親善セミナー」に出席したことがある。

統一教会は10数年前、日本国内での霊感商法を叩かれて
一斉攻撃を受けた。
その結果、日本の窓口を閉め日本支部の幹部、女性信者たちを
南米に総移動させて南米戦略の手始めとして南米各国の
有力日系人に的を絞って開催したのが先のセミナーだった。

このセミナーにはブラジル、アルゼンチン、パラグアイ等の
諸団体幹部、日系メディア関係者達が招かれた。

このセミナーはモンテビデオに同教会が買収した
ビクトリアホテルで1996年2月15日から18日迄の
4日間、開催された。

僕はこのセミナーの模様を日系ジャーナル紙に3回に渡り
連載した。

連載中、ある知人が「高倉さんは統一教会の信者になったのかね?」
と心配する声が聞こえてきた。

勿論、僕は信者にもシンパにもなっていない。

ただ、セミナーの内容を淡々と紹介しただけだ。
その記事の最終回に同セミナーの最後に顔を見せた
文鮮明師の印象を率直に書いた。

要するに師は、「日本を憎悪しており、日本人を利用している」
と…。

これについて大田さんから
「反論記事を書かせて欲しい」との電話があり、
僕は承知し、彼の反論記事を掲載した。

彼の反論記事を読んで僕は、(正直な人だ…)と思った。

そのことがあって以降、この10年間、
大田さんと出会うことはなかった。

ところが、この誘拐事件前日、同教会信者の
顔見知りの女性とショッピング・ソルでばったり出会った。

その女性に「大田さんは元気にしていますか?」と尋ねた。
いつもは、ここに長年滞在していたNさんの消息を尋ねるのが
常で、大田さんの話題は彼女との間で出たのは始めてだった。

「日本やアメリカを往復したり忙しくしていますよ」
という返事だった。

その翌日の凶事だった。
まさにシンクロニティ-そのものだった。

そして大田さんは、無事釈放された。

大使館、同教会幹部の一部しか知らない極秘裏の
帰国時、偶然にも僕はアスンシオン空港の
貴賓室の1室で彼とハグハグして無事を喜びあったのだった。

この偶然の重なりに僕は、彼との目に見えない
不思議な因縁を感じた。

パラグアイ史上初の大報道陣が参集しての
暑い暑い報道合戦も終わった。

アスンシオンに冷たい雨が降りはじめた朝、
僕はこの不思議な因縁の意味を考えながら
ポトンポトンとキーボードを叩いている。

一気に秋の気配が漂ってきた。



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : 統一教会誘拐事件

20:45  |  パラグアイ情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/194-20ca2a0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |