2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2006.08.16 (Wed)

靖国参拝強行で日本は戦争の出来る国になれるか?

8・15日、小泉首相の靖国神社参拝で日本のテレビメディアは、
大はしゃぎだ。

最後の最後まで小泉劇場は、一般大衆を喜ばせてくれた。

いずれの局も特番を組み、靖国問題をヒートアップさせた。

それらの特番に出演した脇役たちの明暗が大きく分かれた。

口をへの字に曲げて全てを馬鹿にしたようなデカイ態度の麻生外相は
「オヤ?意外とやるじゃん」と評価を上げ、お利巧そうにヤンワリ小泉批判を
展開した加藤紘一元幹事長は実家に放火された。

アメリカをバックに日本改造を目論む小泉さんに逆らうとどんな目に遭うかを
オヨヨ委員会は、マザマザと見せ付けた。

ハマコーは、「朝ズバ」の中で「日本はアメリカの属国なんだから~」と
大声で喚きかけたが、ディレクターの自主規制で、後の発言を封じられた。

ハマコーも全て分かっているのだが、世渡り上手のこのオヤジは、
ポロッと匂わせるだけで本音は絶対に言わない。

真の愛国者たちは次々消されアメリカのかませ犬体制が確実に
出来上がっていく。

オヨヨ委員会のシナリオは着々と進行しているようだ。

つまり、靖国参拝で中韓を激高させ日本のナショナリズムを煽り
日本を戦争の出来る国に育てる。

自衛隊のイラク派兵は、その露払いなのだが、異常なスピードで軍拡を
続ける中国に対抗出来るだけの武力行使も辞せずとする
ナショナリズムが日本に育つか、甚だ疑問だ。

各種世論調査で20代、30代のナショナリズムが突出しているのが
目についたが、これなどは、小林よしのりイズムの影響だろう。

とは言え、中国の弾道ミサイルが日本中を標的にしてゴーマンかまして
きた時に、武力反撃をするだけの根性はないだろう。

靖国参拝騒動は、日本人のカラ元気の裏返しに過ぎない。


ーとまぁ、ここ数日のバカ騒ぎを見て考える今日この頃、
皆さん 美味しいコーヒー飲んでますか?



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


16:28  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/176-e630ffaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |