2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2006.02.25 (Sat)

アボカドが1個、ボトンと落ちた…。

早朝、森の精気を大口を開けてパクパク吸い込む。
今日も元気だ空気がウマイ…。
ここ数日、肌寒い位涼しい…。

森の恵みを頂く。

きれいなマンゴが一つ落ちていた。
1周目、横目で見過ごす。
2周目、「持って帰ってよ」そのマンゴが言う。

そうだな、仏壇に上げよう。

この時期のマンゴはそろそろ終わりだ。
森の中のマンゴは1カ所にかたまって散乱しているのだが、
その1個はポツンと離れた所にあった。

僕に拾われるのを待っていたようだ。

森の散歩の仕上げにストレッチをする場所がある。
チョッピリ周辺よりモッコリ盛り上がっている。
お気に入りのスポットだ。

その周辺にアボカドが5、6個落ちている。
大きめの3個を拾って木の根元に置く。

深呼吸をしながら残ったアボカドを目につきやすい
小道にさりげなく置いておこうか…と、考えていたら、
ボトンと1個アボカドが落ちてコロコロと小道に転がって
いった。

ありがとう、ありがとう…。


またしてもカジノに愛車が異常反応!

1昨夜、カミさんと大塚真琴さんと喫茶ハバナで
コーヒーを飲んだ。その帰途、
「ここが庶民的なカジノですよ」と車中で案内した。

そのカジノを通り過ぎて2、3分後、シャ~シャ~ッと
エンジンから異音、フッと水温計を見ると針がレッドゾーン!

ヤバッ!

車を止めてボンネットを開けて見るとラジエーターから
シャ~シャ~ッと水蒸気!

何たるコッチャ…?

さっきのカジノ前を通る時、(ちょっと大塚さんを
カジノで遊ばせてやろうか…)と、フト考えただけで
エンジンがカッカッして水温計が跳ね上がるなんて
全くこの間と一緒じゃないか…。

この前もその夜だけラジエーターの水が蒸発、
針が跳ね上がって、後はケロッとなんら異常なし…。

そして今回もその晩だけで翌日以降は正常なんだワ…。

「カジノ ハンターイ!」と
異常反応し過ぎるんだよな、僕の愛車…。

今度、可愛いセニョリータを助手席に乗せたら
一体、どんな反応をするのだろう?

楽しみだ。

この大塚さん、20数年前、当地で青年海外協力隊(5回生)
として図書館の司書をしていた。

オスカル竹村のペンネームでチャコのインディオのことや
メノニータのこと等を書いて日系ジャーナルに
寄稿してくれた。

今、薮さんの執筆で連載している
「パラグアイの武道家・福岡庄太郎」を初めて本紙で
紹介したのが彼だ。

その大塚さん、今、南部ボリビアのポトシ(海抜4070m)
にJICA専門家として単身赴任しており
7、8年振りに来パ。

その彼が「ポトシ通信」を発信している。

先般、届いたメールを紹介しよう。



ポトシ通信
On 2006.2.14, at 06:51 PM, Makoto Otsuka wrote:
 ポトシ通信06.2.14

   ポトシ通信の皆様

   ボリビア南アンデスは12月から雨期に入っています。
低地の東部では35度を超える暑さが続いているようですが、当地ポトシでは毎日雨が降り降り続き、時には霰や雹が降り、町中の人々は厚手の服やポンチョで佇んで、空の色を眺めています。
朝夕は寒くて、スト-ブを焚いています。
1月に大統領選挙が終わり、ボリビア最初の先住民出身のエボ・モレノが就任しました。
国内は不思議に正常です。
この季節はジャヤガイモやソラマメの収穫の季節で、村々にはジャガイモの紫色の花が咲き乱れていて、道行く旅行者をほっとした気分にしてくれます。
私の家庭菜園も大根や小松菜、春菊が成長しています。自宅のシソ、ミツバも少しづつ大きくなっています。
1月から2月にかけ、仕事等で近郊の村々を廻りました。アンデスの村々は、いつ訪れても大きな発見があります。
今回のポトシ通信は、先駆的な日本移民苅畠権六さんと彼の家族、伝説の歌手、マルチ-タ・レオン、アルゼンティン最初の市評議会議長に選ばれたコルネリオ・サベドラの生まれ故郷の訪問記が中心です。

  彼はアルゼンティン共和国の最初の大統領なのかどうか、長い間疑問に思っていたことをオツユの村で確認したくなったのです。

   最後に、ピルコマ-ヨ河上流とユユチャの最新の情報も書きます。

   げんざい、念願のホ-ムペ-ジ『ポトシへの道』も最終校正に入っております。3月中にはお届けできると思われます。乞うご期待のほどを。
   

■■■■■■■■ ボリヴィア国鉱山環境研究プロジェクト
■■■■■■■   業務調整員  大塚 真琴
■■■■■■    otsuka@cotapnet.com.bo 724-01045 (携帯電話)
■■■■■ a/c JICA-CIMA , Av. Arce Esq.Villason,  Potosi, 
Rep. de BOLIVIA
■■■■    ボリヴィア共和国ポトシ市ト-マス・フリアス大学鉱山学部3階
■■ URL http://www.jica-cima.org.bo(プロジェクト)、
■■   http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/8951/ (窓からカリブが見える) ■■   http://moscar.hp.infoseek.co.jp/index.html (南米の風の色)■■ http://mo19516428.hp.infoseek.co.jp/panamanokaze.htm(カリビアン・ノニ)< 06.1.20ラパス004.jpg><06.1.20ラパス018.jpg><06.1.20ラパス087.jpg>



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : ボリビア JICA

22:09  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/139-46741527
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |