2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2006.01.28 (Sat)

「パラグアイ新聞」の創刊年?

日本で日系メディア史を研究しているT・Hさんから
次のようなメールが入った。

『以下、T・Hさんのメール』

おはようございます。国会図書館へ行ったついでに
以前見たパラグアイの
新聞を再チェックしました。

1.パラグアイ新聞(El Paraguay)
1961年3月1日 (第61号)から多くの欠号を含み
1975年1月21日(520号)まで
保存されています。

1962年4月11日発行の第100号には
「思えば2年10ヶ月前の三百五十部の
創刊号に初まり〔原文どおり〕今日の八百部の発行になる
道は幾多の苦難の
道を歩んできたものである」とあります。


2.パラグアイ新報社
1)週刊パラグアイ新聞(Semanario El Paraguay)
1967年1月12日(155号)~1973年7月10日(475号) 
まで多くの欠号を含み保存されています。 

編集綱領
一、週刊パラグアイ新聞とラジオ日系は、
世界の平和と民主主義の確立
及び、人類の幸福を念願し、日パ両国同胞の発展に寄与する為、
報道活動を行う。
一、週刊パラグアイ新聞とラジオ日系は、
パ日両国同胞が関心をもつ
真実のニュースを編集し、これを国内外の同胞に迅速、
正確、適切に報道する。
一、週刊パラグアイ新聞とラジオ日系は、
これらの使命を遂行するため圧力に屈せず言論の自由を守る。
(1969年9月19日号)


2)パラグアイ新報
1973年8月14日(479号)から多くの欠号を含み保存。
8月頃にタイトルを変えています。
また、1973年11月20日(493号)と
1974年3月26日(510号)の間に手書きから
和文タイプ文字に変わっています。

3.サンデーパラグアイ
プロアート企画有限会社出版部
1978年6月18日(82号)から1981年9月20日号まで
多くの欠号を含み保存。
五十嵐義一記者が1978年8月31日退社。
古賀公(いさお)記者がこのたび入社(1981/2/8号)、
とあります


1979年新年号には編集綱領が載っています。
「本紙は人権の自由平等を遵守し、報道の公正かつ
中立の立場をわきまえ、日系人社会に寄与する」ことを
基本的綱領として、次の二項を以って編集要綱とする。
一、国際ニュースなど速報を必要とする記事は、
週間でまとめ、解説手法を用いる。
二、家庭につながる教育、文化、健康に重点を置く」

『以上、T・Hさんのメール』
いつも貴重な情報ありがとうございます。



  *ー2年4カ月前に創刊したということになると、
パラグアイ新聞の創刊号は1959年6月、ということになる。
こちらでの情報によると、創刊号は1958年、として書いたが
もう一度、こちらの情報の精度を調べなおす必要がある。



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : パラグアイの邦字紙

21:47  |  日系メディア史  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://saketobara.blog50.fc2.com/tb.php/130-36ef6eef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |