2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.07.04 (Tue)

自民党支持率急落!

驕る平家は久しからず!

「安倍首相一強」体制がガラガラと音を立てて崩れた。

しかし、自民党支持率が激減した分、野党の支持率が上がったのか?
ーといえば、そうはならなかった。

東京都議会議員選挙で伏兵、
「都民ファースト」を掲げる小池都知事に引っさらわれてしまった。

東京都議会に小池チルドレンが大量に誕生したわけだが、
まさに玉成混交、次々にスキャンダル予備軍となった。

「このハゲ~!」と秘書を車中で罵り叩きまくった
あの豊田議員もどきが続々出てきそうだ。

小池東京都知事は、知事選終了後、都知事業務に専念すると
一転「都民ファースト」代表を辞任した。

イヤハヤ何とも変わり身の早さには敬服するばかりだ。






ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


09:19  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.05 (Wed)

金ドン高笑い! 北朝鮮、ICBMの発射成功だって…


北朝鮮「火星14」の発射実験

 北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の
発射実験(7月4日)」に成功した、と胸を張った。

米本土を射程 に収めるICBMが実戦配備されれば、
トランプ大統領は、どう出るのか?

アメリカは自国に到達する北の
大陸間弾道ミサイル(ICBM)完成を目の当たりにして
今さらながら舌打ちしているのではないだろうか。

日本政府は、これまでの「遺憾だ!」から
「厳重に抗議した!」
と一段表現を変えたが、いずれにしても
空鉄砲に過ぎない。


 1970年代以降 の西欧諸国は、
ソ連の中距離核戦力で攻撃されても、
ICBMによる反撃を恐れる米国が
核の使用をためらうのではないかという
疑心暗鬼に襲われた。

北 朝鮮はノドンやスカッドERなど日本を射程に収める
中距離弾道ミサイルを実戦配備しており、
70年代の欧州と似た状況に置かれる可能性は否定できない。

元海上自衛隊自衛艦隊司令官の香田洋二氏は
「ICBMでデカップリング(離間)の状況を作り、日米、米韓の
相互信頼を揺らがせることが北朝鮮の狙いの一つだ」
と分析する。

北朝鮮が核攻撃すれば金正恩朝鮮労働党委員長は
報復攻撃で殺されることは、十分認識しているだろう。

しかし、南北対話に意欲を示す
脳天気な韓国の文在寅政権は
ICBMの脅威をを深刻に捉えていないのが、問題だ。

北の金ドンは
「米独立記念日の発射は
(アメリカにとって)不快だったろう。
大小の贈り物はこれからも続けよう」と
高笑いしたそうだ。 


 【ソウル=名村隆寛】
朝鮮中央通信など北朝鮮の国営メディアは5日、
4日の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の発射実験で、
弾頭の大気圏への再突入技術が実証されたと伝えた。
耐熱性を維持し、正常に起動ができることが証明されたとしている。
  実験では、再突入時に弾頭が数千度の高温や過酷な負荷、
振動にさらされた状態でも内部温度は
25~45度に安定して維持され、
爆発制御(起爆)装置は正常 に作動。
「目標水域を正確に打撃した」という。
また、1段目のエンジンと、
新たに開発された2段目のエンジンの始動と
遮断特性が再実証されたとしている。
 弾頭を再突入の際に発生する高温や振動から守るには、
高度の技術が求められる。
この主張が事実であれば、
北朝鮮のICBM完成や実戦配備は現実的なものになってきている。







ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


09:37  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.08 (Sat)

今さら、「中南米日系社会との連携強化」だって…

「中南米日系社会との連携強化について」
日本政府で6月9日に閣議決定された。

これまで海外日系社会の存在など歯牙にもかけなかった
日本政府が、遅ればせながら、やっと我々の存在の重要性に
気が付いたというわけだ。

何を今さら…、とチャンチャラおかしいが、
まぁまぁ、喜ばしいことだ。

これまでも散々書いてきたが、海外に住んでいると
日本の姿が良く見える。

良いことも悪いことも
はたまた、「今そこにある危機!」も
実によく見える。

日本で生活していると日常の暮らしに埋没して
ついつい、砂に頭を突っ込んでいるラクダ状態になるようだ。

今一番の危機は日本のテレビ、新聞などのメディアが在日韓国人、
朝鮮人、中国人に乗っ取られていることだ。

その元凶、仕掛け人は、
「泉制作放送」のプロデューサー金富隆(在日韓国人)だ。

各テレビ局は、放送番組の制作を下請けプロダクションに
丸投げしており、その制作を一手に引き受けているのが
「泉制作放送」だ。

下記に番組をざっと紹介しよう。

日テレ=Oha4/ZIP
TBS=あさチャン、ビビット、Nスタ、ひるおび、
サンデーモー二ング、
フジ=直撃LINEグッデイ! ノンストップ! めざましテレビ
情報プレゼンターとくだね!
テレ朝=モーニングショー
その他=テレビ東京、テレビ神奈川、テレビ埼玉、東海テレビ、
BS朝日

これらのテレビを見る高齢者や主婦層が日々、彼らが
仕掛けるフェイクニュースで洗脳されている。

そして皆様のNHKを初め民放各局の中枢にも
彼らが侵食している。

ネットでやり玉にあがったTBSサンデーモーニングの
キャスター関口宏も反日発言が多いようだ。

「TBSは在日勢力に乗っ取られている」と
元社員が激白していた。

確か関口宏の奥さんは
「アカシヤの雨が止むとき」が大ヒットした歌手西田佐知子だ。

この奥さんが在日だ、という噂がある。

関口宏の父親は昭和初期(1930~70)から後半に活躍した
二枚目俳優、佐野周二だ。
























ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


09:53  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT