2010年02月/ 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2010.02.06 (Sat)

テツに捧げるレクイエム

レクイエム



テツが亡くなった。
千葉の熊本さんからメールで知った。
テツも熊本さんも
大分県立大分舞鶴高校ラグビー部だった。

ボクとテツは同期だが熊本さんは1学年下だ。

テツとは同じ碩田中学だった。
中村鉄は3年の時、生徒会長を務めた。
まぁ、頭は良かった。大学は慶応に行った。
ぼくらは中学の時からラグビーをやった。
当時、大分県内の中学で
ラグビーをやっていたのは、
碩田中学だけだった。

当時、県内の高校で全国大会に
毎年出場していたのは
大分県立上野丘高校だった。
当然、ぼくらも上野に進学するつもりだった。
だが、高校入試の時、上野と舞鶴の
振り分けが行われた。
そして僕らは舞鶴に入った。
1年の時からラグビー部に入った。

碩田中学でラグビーをやっていた同期6人が
舞鶴ラグビー部に入ったことから、
初めて舞鶴が常勝上野を破って花園の
全国大会に出場した。
それから舞鶴の第1期黄金時代が始まり、
今日迄続いている。

正確に言えば、碩田中学でボクは
サッカーとラグビーをやっていた。

碩田には中学2年生の時、家の引っ越しで
碩田に転校した。
碩田中学にはサッカー部がなかった。
それで転校してすぐサッカー部を作った。
なんでサッカー部を作ったのだろう?

そうだ、前の上野丘中学で1年生の時、
サッカー部に入っていたのだ。

最初、3年生が目の前からビュンビュン、
シュート練習相手のゴールキーパーを
やらされた。身体のゴツイ3年生が
遠慮会釈無しにキックをするので
ビビッタものだ。

碩田中学でサッカー部を作った時、
部員に入ってきたのは大分市内の漁師町、
浜町に住んでいる漁師の子供ばかりだった。
別に偏見はなかったが、
いわゆるガラの悪い生徒ばかりだった。
そのうちの一人は成人後、
やくざとの喧嘩で刺されて死んだ。

テツはサッカー部には入らなかった。
3年生の時、上野丘高校ラグビー部の
碩中OBが学校に来てラグビーの指導を
してくれたことからラグビー同好会的な
ものが出来て時折、練習をするようになった。

テツは大学卒業後、電通に入った。
最初、福岡支店だった。

福岡時代、ボクは女性関係がこじれて暫く
福岡に逃避行したことがあった。
その時、彼に世話になった。

考えてみればボクはそれ以来
常にその女性から逃げてばかりいた。
最初が福岡、その次が大阪、
最後がこのパラグアイだ。


彼はその後、副社長に出世した。

もう10年も前だろうか、
東京の電通本社副社長室を訪ねた時、
出前の寿司を取り寄せてくれて一緒に食べた。

また、「銀座で一番うまい寿司屋なんだよ」
と、訪日時、おごってくれたこともあった。

彼はシニカルに口辺をゆがめて
笑うのが癖だった。

シニカルな表情、態度は彼の複雑な出生に
その因があったのだろう。

高校卒業後の青春の日々、
テツとタケ(竹内)とぼくの3バカトリオで
大分、別府の夜の街を彷徨ったものだった。

そういえば、3バカトリオで3人の
女性コンビと一緒に久住登山を
したこともあった。
その3人の内の一人がテツの従妹だった。

その時、山で撮影した写真にテツが後ろから
真面目くさった顔をして座っている
ボクの頭の上でクルクルパーの手真似を
しているのがある。

例のシニカルな笑いを浮かべて…。

今は懐かしい青春のモノクロームの
写真だ。
あの写真はどこにあるのだろう?

合掌…。










ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


20:43  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.21 (Sun)

イグアス神社のお社は3月に造営

半端じゃない猛暑が続いている。
2カ月以上もまともに雨が降っていない。
アスンシオンの水瓶もピンチらしい。
新聞の天気予報では今日(2/21・日)
雨マークがでていたが、ハテ…?

イグアス神社には1月末にも
行く予定だったが、
この猛暑下ではとてもとても行く気になれない。
マァ、3月にでも入れば多少、
この猛暑も緩むだろう。
イグアス行きは3月に入ってからだ。


何せあそこの管理小屋(将来の社務所)
にはクーラーもないので
とても真夏の日中は過ごせない。
もう1つ小さな管理人小屋が奥にあるのだが、
まだ誰も入れていないのでクーラーなど
つけようものなら盗まれてしまう。

幸い、その管理人小屋に「入ってもいい」
という日本人旅行者が現れたので
そうなればクーラーやテレビもつけられる。


彼はブラジルにも7~8年
住んでいた事があり、
このパラグアイに永住を希望している。


3月行ったら昨年末造った神社の土台上に
小さなお社を建てる予定だ。
このお社はイグアス移住地の日本人の
大工さんが既に作業場に置いている。
後は現地で組み立てるだけだ。


ご神体は昨年、来られた大学教授で
神職を務めている上田先生に墨痕黒々と
作っていただいている。


一昨日、千葉の熊本さんから届いた
メールに東京の黒野さんからの伝言として
「イグアスの滝の滝壺にある黒石を探して
龍神として納めたらどうか」との提案があった。

「成る程、妙案…‼」

お社には、このご神体とイグアスの
龍神名代として黒石を納めようと考えている。






ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


07:42  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |