2010年01月/ 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2010.01.05 (Tue)

青い鳥と母親


コツコツと今朝も6時きっかりに寝室の
窓ガラスを叩いて起こしに来た青い鳥。

「おはよう」とボクも声をかけて起きる。

7時半、NHKの火曜コンサートで
「千の風になって」を秋川雅史が
朗々と歌っていた。

その歌詞の中に
「朝は鳥になってあなたを目覚めさせる」
という一節があった。

そうだ、この鳥はまさに毎朝起こしに
来てくれているのだが、
ハテ?一体、誰だろう?と考えてみた…。

昔、ボクを起こしてくれたのは、母親だった。

今も「ミチオ、起きなさい~‼」
と故人で起こしてくれるのは、やはり、
亡くなった母親しかいないだろう。

そういえば最近、何となく母親のことが
頭に浮かぶ。

子供というのは自分勝手で非情なものだ。
思い起こせば親不孝ばかりかけてきた。

今でこそ、分別臭い大人しそうな顔を
しているが、若い時はメチャクチャだった。

子供時代も無鉄砲でケガばかりしていた。

母親が腹を痛めて産んだ子供は
5人(4男1女)だが、母は後妻だったから
先妻の子供が3人(1男2女)いた。

しかし、父親の姉夫婦に子供が
いなかったのでボクのすぐ上の兄と姉、
それに先妻の3人の子供の合計5人が
伯母夫婦に養子にいった。

その5人の兄弟の中でボクがやはり、
一番心配ばかりかけた。

この「千の風になって」の作詞家、
新井満(作家、作詞作曲家)さんは、
インスピレーションに満たされて
この詩を創ったのだろう。

いい歌だ…。    
 





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


08:57  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.06 (Wed)

森の恵み マンゴ

今朝(1/6)今年初めて
カトリックの旧神学校
(パルケ・デ・セミナリオ)の森を
散策をした。
風が心地よい…。

何かが弾けそうな予感はあるのだが…。

今年は何をやるぞ! と特に気負う事もなく
ただ、無為に淡々と歩いた。


森のあちこちに黄色く実ったマンゴが
落ちている。

その中のきれいなマンゴ2個持ち帰って
仏壇に供えた。
マンゴ1_convert_20100107043913





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


14:42  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |