2009年01月/ 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2009.01.15 (Thu)

古代出雲の「空中神社」を作ろう

イグアスの杜便り

古代出雲大社の“空中神社”を作ろう


2009年1月15日夜半、小さなさざ波の様な
インスピレーションに促されて起きた私はこの一文を
書いている。

イグアスの地に神社を作ろうと3年余前から
取りかかって以来、昨12月8日、
千葉の友人・熊本武一氏の多大な寄進を受けて
素朴な鳥居を立ち上げた。

この神社作りの発端は10数年前、
愛知県にある尾張戸神社を地元の氏子の方に
案内されて参拝した時の啓示に端を発している。

この神社を参拝した時、私は“日本の終わりの戸を開いた”
という啓示をまざまざと実感した。

その数年後、改めてこの神社をお参りした時、
氏子の人から、
「もうこのお社にご神体は鎮座していません」
との説明を受けた。

以来、このさまよえるご神体をイグアスの地に
鎮座して頂かねば、という思いに強くとらわれた。
そしてイグアスの杜作りに励んできたのだが、
当初はちいさなお社を作ってかの良寛さんの様に
素朴な庵で日本と当地の平安を祈りつつ静かな思索の日々の
晩年を送ろうと考えてきた。

この思いは、つい数日前まで抱いてきたのだが、
満ちてくるさざ波のような想いがひたひたと押し寄せてきた。

それは途方もない“想い”だった。
つまり、古代出雲大社にあったとされる“空中神社”
(48mとも90mともいわれる)である。
それをこのイグアスの地に作ろうというものである。

古代日本列島に於ける出雲大社の神話はご存知だろう。
そう、葦原中つ国の覇権を譲った出雲の神,オオクニヌシノミコトは
開拓の神、農業神である。
今、甦ってこの大陸の神となる。


勿論、こんな大それた構想が一朝一夕に
完成するものではない。

あのスペインのサグラダ・ファミリア
(Sagrada Familia 聖家族教会)のように
何十年何百年もの気の遠くなるような歳月を
かけて取り組まねばならない。
#229;<br>
<A href=
ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


01:10  |  イグアス神社  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.22 (Thu)

すべてに感謝! 「そしてありがとう」の言葉を!

遅れていた2009年新年特別号の編集がやっと終わり、
印刷所に出した。

ただ、ありがとう!

すべてのものに感謝! そして「ありがとう!」

世界不況が広がる日々、暗いニュースが飛び込む。
しかし、生かされている時々刻々、
感謝し「ありがとう!」の言葉を口唱することが
あなたに“福”をもたらす。
毎日、「ありがとう!」を呪文のように
何百回も唱えよう。

想像すること、それを具体的にイメージすること、
それを紙に記すこと!

その実現した姿を楽しく想像すること!
それが君明日の予告編。

そして、まず、最初の一歩を踏み出そう!
あやめ 縮小









ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


08:48  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |