2008年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2008.07.01 (Tue)

恐れるな、前に進め!

恐れるな、前に進め!

迷った時には、先ず前に第一歩を踏み出すが良い

心に“フト”湧く想いは、すべて私が送る囁き
シグナルなり

恐れるな! 恐れるな! 常に私はこの言葉を君に送る

踏み出した第一歩の先には何も恐れるものはなく

明るい光で君の足下を照らそう

彼方に光明が見えるだろう

この世の波動は荒きが故に
君の心に届くシグナルは常に微細なり

それ故 穏やかな湖面のように 穏やかな笑みを
浮かべて そっと風の囁き 木の葉の着水に
耳を澄ませるがいい

人は許せ 焦るな 怒るな 悲しむな

野の花は ただ花びらを咲かせるのが その使命

心の赴くまま 前に歩くが良い

その道こそ 君が咲かせるべき この世の花

猛々しい荒き心に 私の囁きは届かぬ















ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


16:40  |  スピリチュアルワールド  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.02 (Wed)

良き種子も 悪しき種子も 芽吹く時なり

天空を覆う薄き透明なバリア ひび入れり

今は良き種子も 悪しき種子も 芽吹く時 至れり

心せよ この地に下ろせし 様々な種子 目覚め 花開かん

百花繚乱 芳花も 毒花も 競い咲き乱れん


永きに渡り 彷徨いし ワンダラーたちよ

今は目覚めの時

君が使命に気づき給え

今 天空のバリア 開かれん

青きリンゴも 腐りかけのリンゴも

柔らかき天空のシャワー浴びて 甦れ

時来たるを 今は喜べ

永き旅路の おわりを


麗しき風吹き 猛々しい風吹かん

良き種子も 悪しき種子も 

そが授かりし 使命を果たしたまえ


彼方に見ゆるは 青き 天のきざはし





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


08:30  |  スピリチュアルワールド  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.05 (Sat)

どうなんのかな~? 食べ物?

空豆の甘納豆、胡麻のおこし、せんべい、柿ピー、
のり巻あられ、カシューナッツ、チョコレート等々…

貰い物のチョイ食いおやつが,
いつのまにやら
机の上から引き出しにゴッチャゴチャ
コレストロールを気にしつつも
ついボリボリッ!…

毎日、世界中で3万人もの人たちが餓死していると、
いうのにナ~‼

フランケンシュインのように恐ろしい
Frankenfood(遺伝子組替え食品⦅GMO⦆の意味)なる
妖怪が世界中を徘徊している。

米議会は2003年アフリカ諸国にエイズ対策の
援助とひきかえに、GMOを受け入れるさせるという
法律をに可決した。

これで米多国籍企業モンサント社は怖い者無しだ。

ヨーロッパ諸国では遺伝子組み替え食品の
輸入を禁止する法律を可決して5年以上になる。

一方、日本の米どころ新潟ではGMOの栽培が
始まろうとしている、そうな…。

勿論、このパラグアイの農産物の殆どがGMだ。
Non-GMは日系人農家がこだわりを持って細々とやって
いるに過ぎない。

しかし、いずれは全ての農産物がGMに席巻されるだろう。

鳥が種を食べ、GMの種をまきちらすし、
蜂や風によっても撒き散らされる。

「エコロジスト」という雑誌 が
アルゼンチンでGM大豆摂取による貧血、
ホルモン破壊、脆弱な骨、くさった歯、
栄養失調などを報告している。

原油高騰からコメ、小麦などの穀物から肉、
乳製品にいたるまで、食糧の国際価格が
天井知らずの上昇を続けている。

早くも一部の途上国では食糧の安定確保を目指した
輸出禁止や輸入関税撤廃など、なりふり構わぬ
「食の囲い込み政策」なる「争奪戦」が起き始めている。

 国連食糧農業機関(FAO)によると、
国際的な穀物価格は昨年後半以降、急激な上昇を続けており、
3月末のコメと小麦の価格は前年同月比で約2倍に。
トウモロコシも約3割値上がりした。

 英紙フィナンシャル・タイムズによると、
サウジアラビアは小麦の輸入関税を25%から
ゼロにするなど幅広い品目の関税を引き下げ、
主食の確保と国内価格の上昇抑制に動いた。  

インドも同様に輸入関税を下げただけでなく、
一部の高級米を含めたコメの輸出を禁止。
ベトナムもコメの輸出抑制に乗り出した。

北海道洞爺湖サミットでも食糧問題が主要議題の
一つとして取り上げる予定だが、
いずれも多国間のエゴがぶつかり合うだけに
「即効薬」にはなり得ないでしょうね。

そういえば、その洞爺湖は 長年、硫黄炭鉱の廃水が垂れ流されて、
強度の酸性になって魚も水草も死滅した、死の湖だったそうだ。

ところがそこへ有珠山の大噴火‼
火砕流がドドッと流れ、洞爺湖の全面に火山灰が降り注いで、
湖底にもどっさり積もった。
その灰のアルカリで湖水は中和されて、
徐々に魚や水草たちが甦ってきたという。


「地球は10万年も続くかもしれない熱病に罹りつつある」
と唱える James Lovelock博士…。


ガイア地球を熱病に陥れたそのバクテリアたる人類、
ガイアはその病原菌たるホモサピエンスを退治するため
マグマが大気が猛威を振うだろう。

ガイアの再生を図るための破壊を‼



                    

ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : 食糧危機

10:10  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT