2008年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2008.06.01 (Sun)

誰も知らないパラグアイ投資情報です!

狭い日本でうじうじするより、ポーンと海外へ飛び出したら!
だけど、欧米のような先進国はだめだよ。狙うなら、南米、それも爆発準備体制に入った、
パラグアイですよ!

今日、紹介するのは、読んでがっくりのからっぽノウハウなんかじゃなく、ちょっと固いけど誰も知らない真面目なパラグアイ経済情報!マキーラって知ってるかい?

真面目なお話です。

∇パラグアイに対する投資のメリット・デメリット

メリット
01.個人所得税がない。
02.利子所得税がない。
03.国外への送金が比較的楽に行える。
   (配当送金にも制約はない)
04.海外配当送金への課税は低い(5%)
   (送金税支払いにより海外での所得税は控除される事もある)
05.会社設立が簡単。
06.外国人事居住者でも不動産の所有が可
   能。
07.外国企業に対して税制面での優遇処置がある。
08.法人所得税率が比較的低い。(約30%)
   付加価値税は10%で南米共同市場の中では最も低い。
09.電力が豊富にあり電力料金が安い。
10.資本財リース、エレクトロニクス産業向け優遇関税がある。
11.多数国との投資保証協定がある。
12.原料・資材輸入金融、優遇関税。建築コスト(材料、人件費等)が最も安い。
13.再輸出に関わる南米共同市場域内関税率は2006年まで50%。
14.自国製品保護処置のようなものがほとんど存在しない。
15.WTOのルールに合致したセーフガード条約保有。
16.就労査証、移住査証の取得が簡単。
  (日本との間には移住協定がある)
17.日系人二世の日本語能力が高い(南米から日本に出稼ぎ者約25万人、彼等を中  
   堅管理者にすれば経営能率アップ)。
18.日本人、日系人の社会的地位が比較的高く、親日的である。
19.南米の中央に位置し、地理的に有利で、さらに、南米共同市場域内の中央に位置す    る。
20.為替が南米の中では比較的安定している。
21.治安が南米の中で比較的よい。
22.比較的質の高い労働者を雇用できる。
23.労働組合がそれほど強固でない。
24.中南米の中ではおとなしい国民性である。人種差別を感じさせなく、政府役人や
   国民そのものに、柔軟性がある。
25.外貨通貨建ての預金が出来る(ブラジルはだめ)。
26.土地、水が十分にあり、空気が澄んでいる。
27.20歳以下の若年層が全人口の50%以上を占める国民の若さ。

デメリット
01.政治的な統治能力、政策実行能力に欠ける(只今、鋭意改善中)
02.司法、行政の不透明、汚職の横行(これもメスをいれています)。
03.インフラの未整備の部分(道路、通信)。
04.経済規模が小さい(メルコスール・南米南部共同市場は3億人のマーケット)。


ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : 海外投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : パラグアイ 投資情報 マキーラ

12:48  |  パラグアイ経済情報  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.08 (Sun)

ブログの引っ越し

「酒とバラのパラグアイな日々」のブログは前サイトより、
こちらのブログに完全に移しました。



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : ブログの引っ越し

14:05  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.09 (Mon)

拙著「イグアスの風」更に遅れ、8月出版予定…!

久しぶりのブログ更新だ。

弊社、編集長のパソコンが壊れたので、以来、ボクの
パソコンを彼に貸していた。

昨年もカミナリの直撃で弊社3台のパソコンが壊れたので
買い替えたのだが、“魔”の働きは執拗だ。


拙著「イグアスの風」は今年、1月末刊行の予定で昨年から
準備を進めてきたが、その予定が5月下旬に延びた。


今朝(6/9)「「在外邦人としての出馬、さらにユダヤ民族と
日本民族との接点発掘という大ロマンをベースにさらに加筆、修正してほしい」
と出版社社長から、“8月出版を目指したい”というメールが入った。


魔のいたずら…!

以前、これにも書いたが
1月、松の内も明けぬ5日、いつも早朝ウォーキングに行く
公園で瀕死の青い鳥を拾い自宅に持ち帰ったが、程なく死んだ。

そして4月25日、3階の風呂場でハチ鳥が死んでいた。

その時から秘かに様々な障壁は覚悟はしていた…。

第一の蹉跌は、1年前の訪日時に兆しがあった。

昨年、出版の打ち合せ時、O社長は「日本中を驚かせる本にします」と
張り切っており、元朝日新聞記者のエース編集者を
担当にしてくれた。

「東大卒です」さり気なくも誇らしげな社長。

その編集者もボクの原稿を精読し、「久しぶりに日本人らしい
日本人に出会った。この本を自分の編集者人生の代表作にしたい」
とO社長に話した。

ボクが訪日したら「ホテルに一緒に籠って校正作業に当たりたい」
と張り切っていた。

訪日前、メールでその編集者と校正の荒打ち合わせをした。

訪日直前、彼から「体調が思わしくないので病院に検査に行くので
訪日を1カ月、遅らせて欲しい」とメールが入った。

1カ月後、彼の病名が判明した。
胃がんだった。
もう手遅れだ、とかで抗がん剤投与しかなかった。

一縷の望みを抱いて訪日し、彼の病状を社長に聞いた。

「近くの病院に通院して治療を受けているようなので
通院時、打ち合わせが出来るかもしれない」
とのことで、彼に電話してくれた。

「抗がん剤治療で体力の消耗が激しく、気力が全くないので
ちょっと無理です」とのことだった。

これが第1の蹉跌だった。


「イグアスの風」が世に出れば日本の食糧危機問題に
一石を投じる事が出来るのだが…。

ニッポン救済が遅れるが、我慢、我慢。
ムムム…!
hyousi-ichiran.jpg



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : イグアスの風

09:08  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT