2006年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2006.06.02 (Fri)

「ダ・ヴィンチ・コード」に仕掛けられた罠

世界中で大ベストセラーとなっている
ダン・ブラウン著「ダ・ヴィンチ・コード」が映画化され
カトリック教会、キリスト教会関係者たちが大騒ぎだ。

82年出版のノンフイクション本
「レンヌ・シャトーの謎/イエスの血脈と聖杯伝説」の
盗作だとか、上映禁止を求めるデモが起きたり、
聖書を冒涜するものだとか世界中でテンヤワンヤ…。

伝説の秘密結社「シオン修道会」や厳格なカトリック教団
「Opus Dei・オプスデイ」(神の仕事の意)
「テンプル騎士団」「薔薇十字団」
「フリーメーソン」などヨーロッパには秘密結社が
無数にある。

この本のトップページには下記の文言が記されている。

「この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に
関する記述は、すべて事実に基づいている」

なまじこんな事を書いているから余計カトリックや
キリスト教関係者を怒らせてしまった。

映画上映の際、「このストーリーは全てフィクションである」
との但書きを入れろ、などという要求をカトリック教会などが
行った。

マグダラのマリアがイエスの妻だってことは、チラホラ
いろんな関連書物で語られてきた。

元来、宗教の起原は農耕の豊穣の神をベースとして
女神信仰が一般的だったようだ。

カトリック、キリスト教が忌み嫌う
多神教自然崇拝が古来、世界中の民族の普遍的宗教観
だったんだよね。

それが、イエス・キリストを神の子として神格化した巨大宗教
カトリック、キリスト教などが世界宗教となったことから
世界はややこしくなった。

それにマホメットのイスラム教も誕生したしね

巨大宗教化した彼等がガチガチの男性主導型の
宗教教義に変えた、と指摘するこの本の主張には、権威ある
巨大教会を根本から崩壊させるバンカー爆弾並の破壊力が
秘められている。

そりゃ~、彼等がカンカンに怒るのもムリはないやね。

天才ダヴィンチは、イタズラ心押さえがたく
イエスの謎を「モナ・リザ」や
「最後の晩餐」にさりげなく隠したーという、
作者の指摘はドキドキキャッホー! ハートブレイクだね。


「薔薇の血筋ーマグダラのマリアの血統」つまり、
イエスの子孫が現存していたんだって…。

聖杯伝説とは、薔薇ー女神の子宮ーであるとの解釈ー、
ウ~ム 納得!。

有名な6角星ダヴィデの星に秘められた謎解も
オモロイ…

曰く、剣と杯…とは、男女を象徴するもので
古来、男女の交合は洋の東西を問わず宗教の重要な
根幹をなす秘儀となっていたんだよね。

こんな解釈をすると、そりゃ~、真面目な信者たちも
怒り狂うワサ。

日本にだってあったんだよ。
「真言立川流」ってのが…。

曼陀羅の絵図を地面に敷いた上で男女和合し、性的恍惚感
から真理を読み取ろう、ってなもんだ。

これはチベットのタントラ派の儀礼と一緒だね。


この本の旅人は、長い長い旅の果てに、次のような
発見をする。

ダヴィデの星ー男女の完全なる結合ーソロモンの紋章ー
男神ヤハウェと女神シェキーナ…。

イエスが生身の人間としてマリアの聖なる薔薇と
交わることによって子孫が現存するという、
この本がカトリック、キリスト教会に与えた打撃は
図り知れない。

ベネディクト法王が、この攻撃に対してどのような
発言をバチカンから発するか、注目された。

しかし、法王は「キリストは神の子である」という
従来からの定説を述べるに止まった。

ガチンコ発言をちょっぴり期待していた僕としては、
やっぱ、カトリックは阿呆なんだ…と思う今日この頃、
皆さん美味しいコーヒーを飲んでいますか?

これでオヨヨ委員会のイスラム世界及び
カトリック、キリスト教世界の破壊工作が一段と進んだナ、
と南米のチベットたるパラグアイで
秋風に吹かれて杜作りに励む今日この頃…。

そういえば、日本でも共謀罪が成立しそうだしな~。
イヤハヤ何とも…。

壊されていくニッポン…

勝手にドッカ~ン! バクハツだぁ~!



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : ダ・ヴィンチ・コード

15:18  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06.05 (Mon)

「グラン・チャコの風」演歌CD無償送付します。

「グラン・チャコの風」(作詞:ミチオ高倉/作曲・歌:小野明)
と、この演歌バージョン(作詞:ミチオ高倉/作曲・歌:細野一)
が、完成した。

日本・パラグアイ交流協会の日本事務局では、希望者に
演歌バージョンのCDを無料で送付致します。
数に制限がありますので下記までお早目にお申し込み下さい。

千葉市花見川区浪花町13ー1
日本・パラグアイ交流協会
事務局長:熊本武一
TEL:(043)274-7728
FAX:(043)275ー0276


尚、この熊本事務局長、大の競馬ファン。
「グランチャコの風」を作曲依頼する際、自分が作詞した
「ウララ」の歌いりの曲のCDも作った。
これが又、アップテンポのノリのいい歌になっている。
これも必聴!

ちなみに「ウララ」の歌は、既に5曲、作られているとか…。


グラン・チャコとは?

チャコとはパラグアイ北東部に広がる半乾燥地帯で
国土の60%を占めている。

パラグアイ人は畏怖を込めてグラン・チャコ(偉大なチャコ)と呼ぶ。

20数年前、僕はこのグランチャコのボリビア国境近く
最奥地に旅した。

その時の感動を込めて「グランチャコ愛の詩」を書いた。
それを大阪の日本舞踊志賀山流の師匠に
「誰か知り合いの作曲家がいれば…」と託した。

するとシンガーソングライターの高橋きよしさんが、
ギターの弾き語りで素晴らしい歌をテープに吹き込んで
送ってくれた。

このテープは長年、テープラックに眠っていたのだが、
ひょんなきっかけで思い出してCDに収録して
日本・パラグアイ交流協会の熊本武一事務局長に送った。

その彼が今回、自費で僕の歌詞を上記作曲家に依頼して
CDが完成した。

どちらも雄大な大草原グラン・チャコを吹き抜ける風を
イメージさせる曲に仕上がっている。

その内、この曲を聞いて感動し涙を流したという
メールも入るかも……?

そして今、流行りのヒーリングミュージックに
大化けする可能性も…。

南米に残された最後の宝庫 グラン・チャコ…。

いつの日か、NHKの「シルクロード」特集のような
「グラン・チャコ」特集が出来、そのテーマミュージックとして
これらの曲が流れる日が来るかも知れない…。



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : ブラジル音楽・南米音楽 - ジャンル : 音楽

タグ : グラン・チャコの演歌バージョン 音楽

15:32  |  日パ交流協会  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06.07 (Wed)

イグアス神社を作るぞ~!

オ~イ、空よ!

空が眩しいから~♪

オ~ット、これは「グラン・チャコ愛の詩」のせりふだった。

イヤ、今日、空を見上げていたら何となく
(イグアス神社のことを高らかに宣言しろ…)ってな、
インスピレーションがふんわり湧いてきましてナ…。

以下、高らかに宣言いたしまする。

天命てなものは、ジャジャジャジャ~ン!と
鳴りもの入りで降りてくるものではございません。

それはそれは微妙なさざ波のように漂ってくるものでございます。

だから皆様も平らかにお静まり~の平常心が大切なのでございます。


先般、イグアス移住地の僕の土地を「鎮守の杜」用地として整地した。

これは、何れは「イグアス神社」を建立しようという含みを
持って取り敢えず「平和の杜」という立て看板を掲げた。

何故、神社なのか?
皆、一様に首をひねる…。

語れば長いことになるので以下、箇条書きに記す。

1、1984年10月28日、愛知県春日井市にある
  尾張戸神社に参拝した折、
  「10月28日、午前零時、金星の辰巳の方角に5色の
  彩色がかかる瑞兆を見て日本の終わりの時をみた」
  との記帳に接して自分に課せられた大役を自覚する。

2、イグアス移住地に南米1のピンクの大鳥居が建てられている。
  これは、当時のパラグアイ人市長が建てた。

3、日本とパラグアイは陰と陽、+と-の霊的なつながりがある。
  日本=8/15は大東亜戦争終戦日
  パ国=8/15は、アスンシオン創立記念日(聖母昇天の日)
  日本=12/8は、真珠湾攻撃
  パ国=12/8は、カークペ大聖堂の大祭日(聖母降臨の日)

4、あのストロエスネル大統領(1954~89)が語った夢
  「日本人移住者に来てもらってパラグアイの明治維新を果たしたい」

5、パラグアイは南米の中心「臍」であり「ハート」である。
  中でもイグアス移住地は世界1の大瀑布イグアスの滝を控えた
  「大いなる水」グァラニー水脈の
  龍神の棲むスピリチュアルスポットである。

6、そして僕は、「新・ノアの方舟」の生存者である。

 ーと、まぁ、大上段に振りかぶって書いてはみたが、
 皆さん美味しいコーヒーを飲んでいますか?

下の写真は、5/29「平和の杜」で
上田良光東北学院大学教授(右)とパチリ。
上田教授は、大学教授でありながら福島県内63社の神社を
統括する神主さんでもある。

5月上旬、神社用地を整地して「さて、上田先生に神社のイロハを
教えてもらうためのメールを出そうと考えていたら、先生から
「5/27日、パラグアイを訪問します」とのメールが入った。

人はこんな現象を「偶然の一致」って呼ぶんだが、
この世に偶然なんてものはない。

すべては必然なんですよ。

人がある事を決断する。
ーってぇと、素粒子だか何だか知らないが
勝手にどっかへ飛んでって誰かのドアをコンコンと叩く。

つまり人間の精神的な目に見えないエネルギーが
放出されると
誰かの精神のエネルギーに微妙に感応するのでございましょうか?

まさに私たちの ”思い” という エネルギーは
極彩色のオーロラのようにユラユラと宇宙空間を
輪舞しているのでございましょう。


これぞ般若心境説く所の「空」の
真髄でございましょうか。

勿論、協力者「ワンダラー」も現れますし、
「アホンダラー」どもの ”魔”も競ってきます。
お覚悟召され!

yguasu-jinjya.jpg


ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : パラグアイ - ジャンル : 海外情報

タグ : イグアス神社

15:37  |  イグアス神社  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT