2006年01月/ 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2006.01.06 (Fri)

新年を祝って咲いた月下美人

年超しの大晦日、特製おせち料理もどきを食べながら紅白歌合戦を見た。
みのもんたさんは、さすがウマイもんだが、
女性軍の司会者、仲間由紀江さんが出色だった。

彼女はドラマ「ごくせん」(極道先生)で、大ブレークした女優だ。
エキセントリックな所が中々、魅力があった。

紅白も終わり3階屋上テラスでバンバン打ち上げられる花火を観賞
していた所、
何とマァマァ~又々、月下美人が1輪、咲いているじゃ~
ございませんか!

ホントに健気な花でございます。
咲くべき時を知っている可愛い花です。

1/1日は、カミさんの誕生日なんです。

素敵なバースデープレゼントとなってカミさんも大喜び!

翌朝、娘が「あの花の後ろにもう1輪咲いていたよ…」だって…。

hana.jpg




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : 月下美人

21:30  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.01.12 (Thu)

赤ん坊もバケツで水浴び

日本では記録破りの寒波、猛豪雪が続いているが、
ここパラグアイは逆に猛暑に見舞われている。

連日38~39度もの猛暑で、ギンギラ太陽を見ると
「オイオイ、いい加減にしろよ!」

年末年始の天気予報では大晦日からお正月にかけて
雨マークが出ていたのだが、これが見事に空振り…。

コロニアの大豆農家も連日、農協が引っ張り出した
天気予報図とニラメッコ、空を仰いでは嘆息しきり…。

現地紙ABC一面トップにメルカードの屋台のおばさんの
赤ん坊がバケツで水浴びする写真が掲載された。

また、天気予報士が「50年前より確実に気温が上昇している」
との記事も一面に載せられるなど猛暑が連日話題に上っている。

「アスンシオンは、クーラー入れないと
寝れませんね。イグアスは、朝夕涼しいですよ」とは、
イグアス移住地から来たWさん。

首都アスンシオンは夜になっても気温が下がらず
いわゆるヒートアイランド現象には参ってしまう。

弊社では、新年特別号作りに編集部一同、連日汗を
流しているが、パソコンもこの暑さにヒートアップ、
クーラーを1日かけっぱなしで扇風機で
冷やし続けないと加熱し過ぎてヤバイ…。

今月は、さぞや電気代が、イヤハヤ…。



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


21:34  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.01.18 (Wed)

カラフルな新年号発行は、19日…

相変わらず猛暑続きだ。
とにかく雨が降らない…。

昨日16日も突風が吹いて空もかき曇り
スワッ 雨か!
と身構えたのも空振り、砂埃を巻き上げただけだった。

とはいえ、近辺迄雨は降ったのだろう。
涼しくなった。久しぶりにクーラーいらずの涼しい夜だった。

正月開け以来、編集部員は徹夜続きで
日系ジャーナル新年号(40ページ)作りに励んでいる。

いつも頭を悩ますのが表紙のカラー写真だ。

今年も保管していた花や風景写真を引っ張り出して
あれこれ品定めしたのだが、中々決まらない。

ママヨ、エイヤッと独断と偏見で涼しい氷雪花写真に
「決めた!」と宣言した。

所が、「寂し過ぎる」「地味過ぎる」と若い編集員たち、
悪評タラタラ…。

「なら、勝手にしろ!」と一任した所、出ました。

ドド~ンパッ!「玉屋~、鍵屋~!」
目にも鮮やかな花火写真!

編集部も侘び、寂び主流から元気印へと世代交代…。

というわけで今回の新年号、
ド派手な花火の表紙が皆様を楽しませます。

発行は、昨年より1日遅れて19日です。



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


21:35  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT