2005年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2005.06.07 (Tue)

アスンシオン婦人会バザー

  爽やかなパラグアイ晴れの6月5日(日)、
  アスンシオン日本人会の
  吹き抜けホールで婦人会のバザーが行われました。

  バザーといえば定番のうどん、タコ焼き、焼そば、
  巻寿司、いなり、焼き鳥、ぎょうざ、おはぎ等々…
  この他古着、野菜市やJICA派遣の青年海外協力隊の
  屋台など盛り沢山。  

      baza-.jpg


  中で目を引いたのが、ラパス日本人移住地の
  「ほがらかクラブ」のおばあちゃんたちが作った
  お肌にやさしい手作り石鹸の「竹炭石鹸」「豆乳石鹸」です。

  これは1村1品運動の本家大分県から
  JICA派遣シニアボランティアで来ている
  吉野賢一さんが昨年後半から指導して先般、完成したもの。

  6月13日、任務を終えて帰国予定の吉野シニアと
  1村1品運動の後継として先般来パした
  販売部門を担当する堺シニアも一緒になって
  売り込みに精を出していた。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : パラグアイ - ジャンル : 海外情報

タグ : バザー 1村1品運動 石鹸

19:47  |  町の話題  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.07 (Tue)

イグアス移住地の趣味、娯楽

移住者の日常娯楽、趣味
和太鼓、カラオケ、囲碁、将棋、麻雀、鬼剣舞、エアロビック、釣り、皮及び紙細工、園芸等、趣味を共有する人達でお互いに交流を深めている。

日本と異なり市街地の一戸当たり敷地面積が広く(600㎡~2,500㎡)、特に自給野菜や花卉・園芸を趣味とする人には最適な条件。
特にここは、世界3大肥沃土壌の1つテーラロッシャの土地なので蔬菜類は何でも見事にたわわに実る。

和太鼓は日本から、わざわざ指導のために移住した沢崎拓磨、雄幾兄弟によって、イグアスの文化として定着しつつある。

また、終日、衛星テレビで日本のNHKや世界の番組を楽しみ、それぞれが多彩な趣味を満喫している。
囲碁や将棋は毎年1回ないしは2回全パ日系大会がパラグアイ国内の何処かで開催されているし、カラオケ愛好者も遠くブラジル、アルゼンチンでの南米大会にも参加している。

*パラグアイをベースとして南米に日本の伝統芸能を広めたいと移住してきた沢崎兄弟が主宰する「イグアス太鼓工房」の指導を受けて学芸会で発表する太鼓と獅子舞を練習するイグアス日本語学校の生徒たち

taiko2.jpg


2.スポーツ
ゴルフ、パークゴルフ、ゲートボール、テニス、バレーボール、野球、卓球、相撲、運動会、盆踊り、アエロビック、パラグアイダンス、魚釣り等、種目によってその規模や回数は異なるが、毎年移住地もしくは全パラグアイ日系人の間で大会や小会が開かれている。このうち、日本人会が所有する敷地2ヶ所に造成されているパークゴルフ場は有志で管理し、愛好者は約50人、青年から90歳のお年寄りまで和気あいあいとしてエンジョイしている。

本式のゴルフ場は移住地の中にはないが、イグアスにも約20名のゴルフ愛好者が居て、イグアスの中心地(市街地)から、約20Km(カスカーダ・カントリークラブ)と40Km(パラナ・カントリークラブ)の両地点に2ヶ所(いずれも36ホール)、それぞれ中国人とパラグアイ人が会員制で開設しているので、そこでプレーしている。ゴルフ場までの所用時間は自家用車で20~30分。因みにゴルフの会員権は1,000~1,500ドルで、毎月の会費は24ドル、グリンフィーはカスカーダ1日50ドル、パラナが30ドルである。
ゲートボールやパークゴルフは特に盛んで、国内は勿論、南米大会や汎アメリカ大会にも出場、この大会を利用して広く国外旅行も共に満喫している。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : パラグアイ - ジャンル : 海外情報

タグ : 太鼓 移住 イグアス

19:50  |  ロングステイ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.10 (Fri)

見果てぬ夢    ジャパン・インターナショナルスクールSA

  日本の国際戦略の欠如は耳タコで今さら…
  という感じだが、南米のハートに住むブンヤの特権で
  ジャパン・インターナショナルスクールSA構想を
  再度ぶち上げたい。

  ここ世界1の大瀑布イグアスの滝に近い
  イグアス日本人移住地にJICA
  独立行政法人・国際協力機構のイグアス農業試験場
  (CETAPAR)がある。

  この広大な施設(171ヘクタール)に事務所、ホール
  各種研究室、種子サイロ、大豆小麦種子生産圃場、
  ビニールハウス、畜産試験場、農牧輪換試験場、職員宿舎などが
  あり、これが2010年3月にパラグアイの
  日系農協中央会に移管されることになっており、
  今年から着々と移管の準備が進められている。
  移管後の活用については関係機関がいろいろとアイデアを持ち寄って
  協議しているが、産業、農牧林業などを
  包含した学校、ジャパン・インターナショナル・スクールが
  いいのではないかなどと、見果てぬ夢を描いている。

  コラソン・デ・スールアメリカ(南米のハート)の
  「文化と匠の里・ジャパンタウン イグアス」に
  パラグアイに日本文化発信の学究都市誕生!
  やりがいのある夢ではある。

colegio2.jpg




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : パラグアイ - ジャンル : 海外情報

タグ : ジャパン・インターナショナルスクールSA イグアス

19:53  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT