2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2005.02.16 (Wed)

あれも陰謀、これも陰謀、人工地震説?

ちょっと、気になるタイトルでしょう?

そうなんですよね~。ちょっと宝島風のタイトルで気を引いてみました。

「スマトラ沖大地震による大津波が押し寄せた時、私は恐るべき内容の小説を読み終えた所だった…!」これもかなり、ン? ですよね。

読んでいた本とは、「ステート・オブ・フィアー(恐怖の状態)」ベストセラー作家のマイケル・クライトンの最新作。
この原書を読んだ人は、ボクの尊敬する林秀彦さんだ。
若い人は知らないだろうが、「東芝日用劇場」「7人の刑事」「鳩子の海」などのヒット作品を多く手掛けたテレビ、映画脚本家として活躍し、今はオーストラリアに移住している。

ようするにこの本は、世界を操る正体が見えない政治指導者グループたちが、世界中に異常気象が起きているという恐怖の状態をマスコミ操作によって大衆に信じ込ませ、そしてソロモン諸島の海域で人為的に海底地震を起こし、それによる大津波をアメリカの西海岸に打ち寄せさせようと企てる大企業連合体の陰謀を中心にした物語りらしい。恐ろしい程、今回の大地震、大津波と酷似しており、何と被害者の規模も小説に書かれた通りだという。

オ、オソロシイ!僕も早速この本を手に入れようとインターネット本屋で探したが、まだ翻訳されてないようだ。
 
人工地震を引き起こす技術は、知る人ぞ知る、あの19世紀の天才化学者ニコラ・テスラ。あのエジソンと熾烈な発明競争を繰り広げていた。
また、超極秘プロジェクト「モントークプロジェクト」。まあ、これはトンデモ説の分野ですが、別名フイラデルフイア実験の総指揮をとったとされる人でもある。
 
勿論、知らないでしょうね。いいですよ。別に知らなくてもハハハ…。
ーが不完全ながら理論構成は出来ていたらしいのだが…。

この超天才化学者は、晩年、不遇な人生を終えるのですが、こんなコワイ言葉を残しています。「あのエンパイアステートビルも一瞬に木っ端みじんに出来る。地球だって、数カ月から1年かければ、まっぷたつに割ることが出来る」と…。
ハテ?

食糧パニックだっていつか?

人工地震さえ引き起こす連中のことだ、その内、食糧パニックだっていつの日にか?

だからボ、ボ、ボカァ~、このパラグアイから「愛の食糧」を日本に送ろうって考えているんですよ。
例えば御家族の健康を御考えなら、遺伝子組換えをしていない自然大豆などは、如何でしょうか。

知っていますか?遺伝子組替え大豆ってのは、コワイですよ~。あらゆる雑草、虫、微生物を皆殺しして、その選ばれた大豆だけが生育するんです。
まさにフランケンシュタイン大豆ですね。

作っている農家が一番そのコワサを知っています。でも、一旦、それを作りはじめるとずーっと、その穀物メジャー、農薬メジャーから逃げることは出来ないのですよ。

私たちは「自然大豆を守る会」を作っています。
ほんとマジで…。

ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : 陰謀 食糧パニック

03:13  |  裏読み国際情勢  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.04.20 (Wed)

甦った龍(中国)が北半球を支配する

日韓、日中関係がおかしくなってきた。

相変わらず中国の反日攻撃には、うんざりだが、 いつものことだ、と
多寡をくくっていると とんでもないことになるかも知れない…。

日本国民の多くが感じているように確かに「中国は、日本をなめている」。

かって李鵬首相(当時)が
オーストラリア首脳に
「20年もすれば日本なんていう国家は
なくなる」ーと公言したそうだ。

本来、中国は、北朝鮮、韓国との友好関係(属国)
をこそ、最重視している。

中国が北朝鮮、韓国連合で対日本戦略を
練っているのは、間違いない。

さらに、小泉首相が敢えて
靖国参拝を強行しているのも
対中関係レッドゾーンを加速させている。

小泉総理の強硬路線を裏読みすれば
憲法改正論議に拍車をかけるための
高等戦略とも言える。

いずれにしても、近い内、日中激突は
避けられないだろう。

中国は世界の覇権を握るため、
軍備増強を急いでいる。

フランスをはじめとするEU諸国が中国に武器を 売りたがっている。
彼等は遠い遠い極東がきな臭くなろうが 全然関係ないと思っているようだ…。

しかし、彼等は自分達が 育てたパンダが自分達を襲う 凶暴な獣軍団に なることを知っ
ているのだろうか?

参考までに次のような聖書の文言があることを
知っておくことも無駄ではないだろう。


「ヨハネの黙示禄」(第9章11・16)によると、 底知れぬ所の使いを王にいただ
いている 東洋の者たちが 人間の3分の1を殺すために 2億の軍隊を伴ってやって来る
ことー を述べている。
中国のシンボルは月と蛇(龍)とされ、 中央アジアの地下にあるとされる シャンバラ
の魔王尊サナート・クマラの導きで 甦るアジアの龍王(マイトレーヤ仏陀)は、 5月
の満月の日に世界の王になると されている。
月は蟹座の守護星で生物の繁殖をつかさどり、 月に導かれた中国の人口は世界の総人
口の 4分の1を 越えている。
甦った龍は、「獣」に自分の力と位と大いなる権威を 与えるとされている。

            (ヨハネ黙示禄第13章2)

ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 日韓 日中 ヨハネの黙示禄 中国

14:51  |  裏読み国際情勢  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.01.28 (Sat)

洗脳され続ける日本人

壊され続ける日本精神

「ホリエモン」ショックで今さらながら「構造改革」の
功罪が取りざたされている。

様々な規制を取っ払って民間主導でやればアメリカ流の
拝金主義、稼ぐが勝ち!ハゲタカ商法まん延
という風潮が生まれるのは分かりきっていた筈でしょう。

すべてはアメリカの日本改造計画による日本解体の一環ですよ。

昨年、「拒否出来ない日本」(関岡英之著・文春新書)と
いう本が出版された。
これは、アメリカが12年前から日本に突き付けていた
対日要求書「年次改革要望書」の内容を暴露したもので
各界に衝撃を与えた。

つまりアメリカの要求を「改革」という美名の下に
個別の産業分野にとどまらず、立法、行政、司法の3権にも
踏み込む完全な内政干渉となっている。

これは1993年の宮沢・クリントン首脳会談で合意したもの
だが、マスコミはおろか政治家や官僚、
専門家たちもその存在すら知らなかったようです。

あの「ノーと言える日本」を出した石原慎太郎東京都知事も
知らず、ゲゲッ!と驚いたそうだ。

僕もこの本のことを知りOCSで早速注文したのだが、
手に入らなかった。

出版業界のベストセラー分野でも話題になった。

出版社に本はあるのだが店頭に本が並ばず、
購入希望者の元にも本が入手出来ないという
不可解な状態が日本国内でも続いた。

多分、目に見えない圧力がかかったのでしょうねぇ~。

この本のことを先の衆議院選挙前に
マスコミが取り上げていれば
選挙結果は全く異なったものになったでしょう。

先の郵政民営化解散も10年も前からアメリカからの
要求事項の一つだった。

日本の大手メディアがちょうちん持ちした「改革派」対
「守旧派」の構図は、実は「対米ポチ派」対「愛国派」の
戦いだったわけだ。

つまり、飼いならされた大手メディアも
アメリカ批判をタブー視する自主規制があるようです。

今、社会問題になっている「対震強度偽装問題」にしても
そもそも米国の要求による「建築基準法の改正」に因があるんですよ。

アメリカは地震国日本の厳しい建築基準法が目の上のタンコブだった。
その基準をゆるい海外基準、国際基準に合わせるという、
ノーズロ状態にしてアメリカ産木材をどっと日本に流入させた。

さらに商法改正や外国人弁護士が日本で自由に商売出来る
司法制度改革などすべては、日本解体作戦の一環なんですね。

僕ら南米の縄文日本人としては、
壊され続ける日本を遠望するのも切ないものがありますねぇ~。



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : 壊され続ける日本精神

21:43  |  裏読み国際情勢  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT