2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2005.02.07 (Mon)

南米1古い薪列車が走っているパラグアイ

▼カーニバルのシーズンです。

昨夜(2/5土)、在パラグアイ・ブラジル婦人会創立50周年記念イベントのサンバ大会に行って来ました。
首都アスンシオンのホテル・シェラトンの大サロンで約400人が思い思いの扮装をして参加。例によって日本人はおろかオリエンタルは出べその私たち夫婦だけ、でも、メゲナイ僕ら夫婦、食って飲んで、思いっきり踊りまくってやりました。
ーというよりも、ガクガク、エンヤッサット! 盆踊りサンバを踊り狂ったのであります。
同じテーブルのパラグアイ人グループも「maravilloso!」(ワンダフル!驚嘆すべき、すばらしい、不思議な、信じがたい)と拍手喝采!
ーだかどうだか?ホントの所、あきれかえっていたのかも知れません。

▼南米最古の薪列車

南米の臍、パラグアイでは今でも薪蒸気列車が走っているんですよ。
「南米で最初に走った蒸気機関車」というのが売り物でして、1861年(日本の明治元年よりも6年早い)、首都アスンシオン~パラグアリ間72キロメートル(広軌1676mm)をシュッポッポ!走ったんですよ。
昔は南米の先進国だったんですがね~。

最盛期は1970年頃、国内総延長613キロメートルにまで延びて、アルゼンチンの国境の街ポサーダスから首都ブエノスアイレスまで繋がる国際列車だったんです。

パラグアイの国境の街エンカルナシオンと対岸のアルゼンチンのポサダスの街の間にパラナ河が流れていてこの間を世界でも珍しい国際河川列車運航船が貨車を載せてアルゼンチン側に運んでいたんです。
この運航船2隻は1911年と1915年にイギリスで建造された薪焚きの蒸気機関を搭載した珍しい外輪船でした。
このフエリー、朝4時から夜10時まで、1日100両の客貨車を運んでいた。
この外輪船も1990年4月に鉄道・道路併用国際橋(3km)が完成して姿を消してしまった。

そして薪列車も定期運航を10年近く前、止めて数年間不定期にパラグアイ最大の湖、ウパカライ湖畔の街アレグアまで走っていた。
それも廃止されて、しばらく機関庫でホコリをかぶって眠っていたが、
昨年観光用として復活し、毎週土曜日アレグアの街迄ゴトゴトモクモク走っている。

参考までにパラグアイの首都アスンシオンからアルゼンチンのブエノスまでの所用時間はというと、アスンシオン~エンカルナシオン(370Km)を約15時間30分(時速23、9km/h)。ポサダス~ブエノス間、約18時間。河舟がどの位かかっていたか覚えていないが、合計すると34時間~35時間位かかっていたことになろうか。

今は昔、のんびりした良き時代のオハナシ…。

tren.jpg


ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : 鉄道旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 南米最古の薪列車 カーニバル

03:00  |  観光  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.02.12 (Sat)

聖地 カークペ周辺にあるピラミッド

もうちょっとで額の真中の第3の目がモコモコポッカリ開きそうなんですが、フ~ム、山に隠(こも)る時間がない。

もう10年も前になるでしょうか、ペルーは、アンデスのマチュピチュに行ったのですが、あの清涼感、浮遊感は病み付きになりますね。

首都アスンシオンから東へ60km行った所にパラグアイ最大のカークペ教会があるのですが、ここは、昔、聖母マリアが降誕して奇跡を起こしたことを奇端として教会が建てられ、12月8日、毎年パラグアイ中から数十万人の善男善女がお参りに参詣します。世界中の聖地の常として遠方から歩いて歩いてお参りする程、奇跡が起きるとされています。パラグアイの12月と言えばもう暑い夏なんですね、暑いです。
とにかく暑いです。カークペの街も道路も露店でビッシリ埋まります。

先般、この教会の尖塔に上って周囲を見渡したら、きっちり東西南北にナ、ナントこんもりとしたピラミッド型の丘があるじゃありませんか!ひまが出来たら何としても探索せずばなるまいて…。

なにしろ、パラグアイと日本は、陰陽の関係なんですから…。
この12月8日は、日本の大東亜戦争(大平洋戦争)が始まった日、つまり、真珠湾攻撃をした日で、こちらではマリア様が地上に降誕された日なんですよ。

そして、日本が戦争に負けた8月15日は、パラグアイの首都アスンシオン建設の日、なんですよ。この日、マリア様が昇天されたのですよ。だから、アスンシオンのことを
「聖母マリア昇天の街」と言います。

さらに面白いのは、この国を発展させた前ストロエスネル大統領(長期独裁政権1954~1989)の誕生日が11月3日、明治天皇の誕生日とおなじで、彼は自分は、明治天皇の生まれ変わりだと信じていました。だから、日本人移住者に沢山きてもらってパラグアイの明治維新を成し遂げたいと考えていました。

そんな不思議な国の聖地、カアクペは、何かしら地球のパワースポットなんでしょうね。

caacupe2.jpg




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : スピリチュアル - ジャンル :

タグ : カアクペ教会 パワースポット 聖地 ピラミッド

05:06  |  観光  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.03.08 (Tue)

表と裏が違うパラグアイの国旗

          paraguay.gif

日本のテレビのクイズ番組にも何回か登場したパラグアイの国旗。
世界でも珍しい裏と表のデザインが違うんですよ。
フランス国旗を真似た赤、白、青の三色旗ですが、表はパラグアイ共和国の箕字と椰子とオリーブを組み合わせ中に星を配している。裏は自由と正義の文字が刻まれてライオンと槍の上に赤い帽子が乗せられている。

ついでに国歌を紹介すると

アメリカ民族を圧制の下
300年にわたり権力をもて統治した
だが、ついに怒りは憤然として湧き
断乎の叫びーそして権力は破れた
われらの先覚者は敢然と戦い
栄光を勇ましくも飾った
かくて、壮麗な王冠は砕かれ
勝利の軍帽を高らかに掲げた

パラグアイ国民よ、共和国か死だ!

すごいですね。


ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : パラグアイ 国旗

04:48  |  観光  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT