2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2005.07.07 (Thu)

パラグアイへの日本人移住

パラグアイは、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイとの
3国戦争(1865~1870)で壊滅的な大敗を喫し、
南米の最貧国に陥った。
戦前130万人いた人口も約22万人にまで激減し、特に
成人男子は皆無に等しく残った男性は、老人と幼児だけという
惨澹たる有り様だった。

このためパラグアイ政府は、代々、国力回復のため外国から
資本、技術および労働力として外国人移住者の受け入れを
奨励してきた。

当初は、欧米人に限られていたが1936年、ラ・コルメナ(アスンシオンから
東南130㎞)にブラジルからの指導移民として
日本人移住者が入植した。

パ国政府は翌1937年、大統領令をもって有色人種も受け入れる事になった。

ラ・コルメナへの日本人移住は第2次大戦により一時、中断したが、
1954年(昭和29年)5月、ラ・コルメナへの移住が再開された。

以後、パ国政府直営の移住地チャベスにも日本人が入植した。
ついで日本の移住振興会社によりフラム移住地、アルトパラナ移住地
イグアス移住地などに次々入植した。

これらとは別に、アメリカのジョンソン大統領の従兄弟が経営する
コーヒー農園に日本人移住者が雇用農として入植したが、間もなく
当農園は倒産し日本人移住者は自営農家として独立していった。

パラグアイ移住のきっかけとなったのは、ブラジルで成立した
「2分制限法」であった。
これは日本から続々押し寄せる日本人移民に「このままでは、
日本人に乗っ取られる」と恐怖したブラジル政府が、前年度の
移住者の2%を限度とする移民制限法であった。

これは明らかに日本人を標的にしたものだった。

貧しかった当時の日本から、一獲千金を夢見ての海外移住志向熱は
旺盛で日本政府はブラジルに代わる受け入れ国を探した。

そしてパラグアイのラ・コルメナに白羽の矢が立った。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : パラグアイ - ジャンル : 海外情報

タグ : 日本人移住史

20:22  |  日本人移住史  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.08 (Fri)

日本人最初の移住地 ラ・コルメナ

ブラジルの2分制限法の成立でブラジルへの日本人の移住は
年、2800人に限定されてしまった。

1934年、日本の拓務省は、ブラジル拓殖組合の
パラグアイ調査報告を受けて
パラグアイへの移住を促進することになった。

1935年、10月、拓務省の武田寛一南米課長、
ブラジル拓殖組合(以後、ブラ拓)の宮坂国人専務らが、
再度パラグアイの調査を行った。そしてパ国政府より
日本人100家族の移住枠を取得した。

翌36年3月、ブラ拓はアスンシオン市に事務所を開設。
3月、矢崎、内田、藤野周平(拓務技師)、笠松尚一(測量技師)らが
ラ・コルメナ一帯を調査した。同地にあるコルメナ富士
(移住者が後に名付けた)山頂に登った一行は予定地の
全体像を見ることが出来、当地を入植地にすることにした。

かくしてパラグアイ最初の日本人入植地、
パラグアリ県ラ・コルメナ(アスンシオンの東南約130km)
の大地主から1万849ヘクタールの土地を購入した。
この土地を400家族の日本人移住者、
1家族に1区画(20ヘクタール)の割当てとして造成にかかった。

ところが、同年4月7日、パ国の政変により登場した
フランコ新政権内に日本人移住に反対するものがあり、
移住業務は一時、頓挫した。

しかし、当事者たちの懸命な努力により
4月29日(天長節・天皇誕生日)に、
移住を認める旨の電話が農務次官から入った。

その日、日本は、天長節の祝日なので
笠松、藤野、内田らブラ拓職員と当時の在パ邦人の
福岡庄太郎(柔道師範)、星田、仲尾ら3家族たちと
事務所2階で東天を拝し、君が代を斉唱し、ビール、
巻寿司で祝賀会を開いていた。

そして5月1日付大統領令をもって、
日本人移民100家族入国許可の法令が公布された。

5月15日、内田初代支配人、酒井、笠松技師らが、
日本人として初めてラ・コルメナの地に第一歩を印した。

この1936年5月15日をもってパラグアイ日本人移住の
歴史的な入植記念日とした。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : パラグアイ - ジャンル : 海外情報

タグ : ラ・コルメナ 移住地 ブラジル

20:23  |  日本人移住史  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |