2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

1970.01.01 (Thu)

大丈夫かな~? 北京オリンピック

北京オリンピックがいよいよ秒読みに入ったものの、
一転にわかに暗雲がたれ込めてきた。

先の四川省大地震では成都軍区にある地下核施設で核兵器が爆発し、
被爆者が秘かに蘇北医院に収容されているようだ。

さらに貴州省ミャオ族自治州で発生した大規模な住民暴動など
各地方で民衆の蜂起が続発しており、
もはや当局も蓋をしての隠ぺい工作も限界を超えて情報が内外に
漏れてきた。

世界中に広がる中国の法輪功は果たして、
かっての白蓮社反乱となりうるだろうか?

中国雲南省の省都、昆明市で7月21日起きた連続バス爆破事件は
テロとの見方が強まり、北京五輪(8月8日開幕) の危機管理、
ホント大丈夫なの?

あの五輪会場「鳥の巣」の横には
対空ミサイルと戦闘機が配備されている。
まさにテロ攻撃に怯えながらの五輪開催だ。

当局はウイグルなどのイスラムが飛行機に爆弾を積んでの
自爆テロを警戒しての措置だという。

イヤハヤ、何とも凄まじい平和の祭典?となりそうだ。

政府は大気汚染の元凶たる車の排出ガス、
工場から出る大気汚染等々の規制に乗り出しているが、
果たしてどの程度の効果があるか疑問だ。

1972年のミュンヘン・オリンピックでは
ヨルダン内戦により生まれた
「黒い9月」というパレスチナゲリラ組織が選手村に乱入し
イスラエル選手9人を人質にとるというテロ事件を起こし、
世界に衝撃を与えた。

今回の北京五輪ではテロの恐怖と環境汚染に怯えながらの
オリンピックになりそうだ。

人類の長い歴史をギュッと凝縮したような、
近年の中国の異様な発展振りをみていると
人類がもつ業を嫌でも感じざるを得ない。

バランスのとれた発展というものが、如何に難しいか、
痛感させられる。欲望に歯止めは利かない。

中国にしろインドにしろ余りにも人口が多すぎる。
大企業がインドの膨大な貧農層を購買層に育てる長期戦略を立て、
実行し眠れる農民たちが今、物欲という怪物が増殖しはじめた。

インターネットというパンドラの箱が開いて
中国民衆の反乱が勢いづいてきた。
数億の民衆の奔流が中国崩壊のカウントダウンのストップウォッチを押した。

この世界を裏からコントロールしているグループからみると人口の
削減は絶対不可欠だと考えるのもムリないか、
と何となく分かる気もする。

ガイア地球は生きている。
このガイアのバランスを崩す要因は排除しなければならない。

地が揺れ動き、海が荒れ、大気が荒れ狂うのも必然たるメカニズムであろう。
さらに人為的な作為が加われば大破局は必至だ。

地球は身震いして今やがん細胞となって地球を食い散らかす
ホモサピエンスを一掃せざるを得ない。


それにしてもボクの郷里、大分県教育委員会の汚職体質は、どうよ…?

「汚職ワイロはパラグアイの文化である」と昔、聞いたことがあるが、
日本人とて、この国を笑うことは出来ない。
ウマミのある所、汚職ワイロあり、は必然であろう。

さらに「誰でもいいから殺そうと思った」なんて無差別殺人!
完全に狂ってきた“篭の鳥列島ニッポン”…

天変地異は、ある意味、警告でもある。
さらなる激震が地下、地上、天上で連続することだろう…

その内、窒息死するんじゃないの!
ニホンジン クイアラタメ スルアルヨ…!





ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


09:00  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.01.29 (Sat)

書き過ぎちゃって、イタ~ッ!

「Apeos」の謎、いまだ解けず。
「つっつっつき合うことを前提として僕と結婚して下さい!」(ドギマギ上がって言葉を前後間違えた)っていうのは、笑っちゃいました。

いや~、炎暑猛暑のパラグアイ、元旦明け早々、焦りまくって年賀状を100枚程度書いた所で早くもギブアップ…。
1年にボールペンで文字を書くのは、年賀状書く時だけの筆無精じゃ~、ひじ痛になるのは当然の報いか。
さすがに後は、パソコンで住所宛名を打ってもらいました。

ひじ痛を無理してムニョニョッ!っと、ダンベル上げしたのが祟って右ひじを更に悪化させてしまった。

ムキムキマンを夢見て毎日筋トレしてきたものの暫しは、夜明けの公園の森でウオーキングと自己流太極拳で汗を流しているミチオ 高倉です。

南の国から愛を



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : エッセイ - ジャンル : 小説・文学

02:30  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.01.29 (Sat)

シャルウイー ダンス

フィレンツェ人が見る『冷静と情熱のあいだ』


ウ~ム、まだよく分からん。トラックバッグとか、何とかかんとかとか?
達人になれば、何万、何十万の人達とアミノ目の様に繋がるんだそうです。

当分、右往左往しながらジグザグコースのホームページになりそうです。
御勘弁を…。

参考までに、下記はイタリアはフィレンツェ在住の人にトラックバッグしたものなんです。

▼「シャルウイー ダンス」

あの~、こちら南アメリカは田園の国パラグアイです。
とにかく暑い日が続いています。
炎天下の昼寝時、日本海の荒海やアイルランドやカナダなどの荒涼とした海岸線で冷たい風に吹かれてみたいとフッと夢みたりします。
先般、カミサんと「リチャード ギア」主演の米映画「シャルウイー ダンス」を見ました。御存じの様に日本版のリメークですが、結構良かった。

感激したカミサんに引っ張られて2回観に行きました。
「タンゴを習おうよ!」カミサんにこれまた引っ張られてアルゼンチン タンゴ教室へ。

タンゴ、粋ですね~。おしゃれですね~。ワルツが清純な白百合のイメージならアルゼンチン タンゴは危険な妖しい真っ赤なバラの香りを放っています。

ダンスは人生にロマンをもたらせます。
お勧めしますよ。シャルウイー ダンス…。

ミチオ 高倉


ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : エッセイ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 映画

15:36  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT