2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2005.08.13 (Sat)

日本・パラグアイ交流協会とNHKのど自慢

昨日、日本・パラグアイ交流協会(主宰・ミチオ高倉)の
熊本武一事務局長と
一緒に国際協力機構(JICA)、外務省、海外日系人協会を訪問し、
当協会の設立報告をした。

これで当協会も公的機関の認知を受けた。
今後はフットワークの軽さを生かして
地道な草の根交流を進めていかねばと改めて気持ちを引き締めた。

夜、横浜在住の大分舞鶴高校ラグビー部9回生キャプテンだった
衛藤さんと一緒に横浜駅近くの居酒屋で3人で飲む。
二人とも酒好きでピッチがあがるが、僕は生ビールジョッキ1杯を7分目
位で持て余す。
僕の酒量は中ジョッキ1杯が限度だ。
もっぱらパラグアイでは食べられない新鮮な刺身を専ら食す。

衛藤さんは中央大学に進みラグビーを続けた。
熊本さんは舞鶴ラグビー部7回生、1年僕の後輩だ。
彼は足が速くウイングをしていた。
東京近辺の同窓生の話で盛り上がる。

帰りは総武線のグリーン車でゆったりと稲毛まで帰る。

日本・パラグアイ交流協会は、取りあえず、パラグアイ原産のマテ茶と
ステビアの普及を図っていこうと考えている。

これで今回の来日の大きな目的は、ほぼ達成出来た。

 「NHKのど自慢」パラグアイ公演

来年の日本人移住70周年祭にNHKが「NHKのど自慢」を行ってもいいと
いう話を今年になって田岡大使の尽力で浮上したが、パラグアイ側の
祭典委員会が辞退したという。先般、そのいきさつを田岡大使から
聞いたが、実に勿体ない話だ。

僕が帰国後、別途、独自の「NHKのど自慢」受け入れ準備委員会を
立ち上げてもいいから、何とか、その話をもう一度つないでほしいと
田岡大使に依頼した。

ところが、中をとりもってくれていた国会議員の先生が今回の解散で
一気に選挙に突入したので
それどころではなくなり立ち消えになりそうだ。

   残念!




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : エッセイ - ジャンル : 小説・文学

タグ : 日本・パラグアイ交流協会 NHKのど自慢

20:29  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |