2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2008.02.26 (Tue)

“青い鳥の死” 魔も競う! 

イヤァ~、あっという間に2月も終わろうとしている。
この分だと、この1年も矢の如く飛び去るだろう。

今朝、久しぶりに3階屋上テラスのテーブルに
ノートパソコンを持って行ってメールのチェックなどをした。
周辺は一戸建ての平屋が多いので視野一杯に
海原のような緑のうねりが広がっている。

アスンシオンは本当に緑が多く気持ちがいい。

やがてハチ鳥が飛んで来て蔓のピンクの花々の蜜を
静止して吸っていた。

ハチ鳥の飛来は本当に久しぶりだ。

ここ数年、屋上のテラスで朝、
のんびりと過ごすこともなかった。

以前、朝食はこの屋上のテラスで摂っていた。

その時は毎朝、ハチ鳥が花の蜜を吸いにやってきたし、
青い鳥も飛来してきてテラスの塀(腰の高さ)の
上に置いた小皿の水を飲んだり、
パン屑を啄んでいたものだった。


“瀕死の青い鳥が…”

この1月初旬、例の如くパルケ・セミナリオ
(神学校の公園)の早朝ウォーキングをして
気持ちの良い汗を流した。

車の所に戻ろうとした時、車の前に小さな青い鳥が
地面に横たわっているのが目に入った。
まだ、死んではいないようだ。
カミサンが「触らない方がいいよ」と言ったが、
構わず、その小鳥を手に握るとかすかに
バタバタと羽を動かした。

ひな鳥のようだ。よし、家に持ち帰って水を与えて
元気にしてやろう。

―と車の後部席に置いてあったNIKEの紙袋買い物袋に
そっと入れて家に帰った。

屋上のテラスでプラスチックの洗面器の中に
その殆ど動かない小鳥を横たえて小皿に水を入れて
小鳥を横たえた。

まだ身体は暖かいのだが抗らう元気もなく
グッタリとしており瞼も閉じたままだ。
小皿の水に嘴(くちばし)をつけて何とか
飲ませようとすると、
わずかに嘴を動かして飲むような仕草をした。
もう、回復の見込みはない。

まさに末期の水だ。
般若心経と密教の真言を唱えて引導を与えた。

プンと脱糞のにおいがかすかにした。

昨年末、亡くなった愛犬リンリンの死に際に
やはりお経を唱えて引導を与えたのだが、
その時も、かすかに脱糞の匂いがした。
どうも生き物というのは亡くなる時、
霊的に脱糞をするようだ。

小鳥を触ると早くも硬直していた。

その小鳥の遺骸を前庭のリンリンと同じお墓に埋葬してやった。


新年早々、瀕死の青い小鳥をポ~ンと目の前に
放置されて、そして、死んだ。

「新年から縁起でもない…」

何となく胸の奥に苦い痼りがドンヨリと残っていた。

これ以降、ヤな出来事が連続して起きた。

“人生の達人”を自負するさすがの
ボクもフッと心に陰が射したものだ。

だけど、心の奥底で「これは魔の働きだ」という
絶対的な確信があった。

新年早々、“魔”がイヤガラセで瀕死の青い鳥を
ボクの目の前に放り投げた。

長い人生には、このような現象も時折ある。

こんな時、悪い暗示にとらわれて
得てして落ち込んだりするものだが、
執らわれてはいけない。

執らわれるな、その悪い暗示に執着するな!

“魔”は心に不安がある時、これに乗じる。

大事を為す時、“魔”も競う…。

だが、徐々に魔の働きも溶けてきたようだ。

夜明けが近い…。
澄明な大空を常に想え。

魔は陰なり、迷いなり!

喝!…。

フフフッ…!(笑)



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ :

14:27  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.01.25 (Wed)

船が前に進もうとする時、魔も競う

虚業の寵児ホリエモン逮捕。
イグアス移住地の福岡ペンションで朝食時、
NHKテレビニュースで知った。
これで小泉さんもいわゆる「負け組」から大反撃を食らうだろう。



遥々日本から来た90歳のU翁を案内してイグアス移住地へ行ってきた。

不思議な縁で昨年、翁の千葉の自宅を訪問した時、
「パラグアイへ行きますよ」と約束した。

翁のパラグアイ訪問にあたっていろいろな怪異現象が起きた。


翁から「20日、アスンシオンにTAM便で行きます」と
電話があった
翌朝、社長室のタイルがパーン!と音を立てて30数枚、
割れた。

20日、12時空港へ翁を迎えに行く時、
空港近くの交差点で事故があり救急車や
警察車両でごったがえしていた。
随分大きな事故だったようだ。

後で新聞を見ると私の親しい知人の事故だった。

22日の早朝、飛行機でイグアス移住地に行ったのだが、
その前夜、大事な使命を持った若い当地の知人が
大事故を起こしていた。

どちらとも命に別状がなかっただけ幸いだった。

翁の来パは、私にとってもこのパラグアイ
と日本にとっても大きな意味を持っている。

船が進もうとすれば魔も競うものだ。

これである面の歴史が創られる…。



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ :

21:39  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |