2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2006.12.14 (Thu)

冬の国から夏の国へ

木枯らし吹きすさぶ日本から真夏のパラグアイへ帰ってきた。

冬の日本には行くものじゃないですね。
改めて実感…。

12月8日に帰着したが、前日、まれに見る大雨だったとかで
涼しいアスンシオン空港に着いて、ホッ…。

11月14日~17日、六本木のアーク森ビルで行われた
JETRO主催「3国物産展」(ボリビア・パラグアイ・ウルグアイ)
は、大勢の人が詰めかけて大盛況だった。

展示2


いつものことながら、日本人が実施するこの種のイベント等、
キッチリしていて本当にお見事ー。

JETROの担当者の方々、大変ご苦労様でした。
そして、ありがとうございました。

弊社が出品したパロサントやニャンズティ等、
非常に関心を集めた。

今回は、初デビューと言う事で一気にビジネスに結びつくまで
いかなかったが、今後がお楽しみという事で、シャンシャン!



今年は7月から約2カ月、一旦、帰パして再度、
11月上旬から1カ月と2度に渡り訪日したのだが、
最大の収穫は素晴らしい人々に
巡り会えたことでしょうね。

武の神様として有名な「香取神宮」に12月3日(日)
参拝し、禰宜の方にお会いすることが出来た。

これは、予てより進めている「イグアス神社」に繋がる
大事な出会いだった。



「風のレイム」

来年1月の刊行を目指していた
「新・ノアの方舟始末記」(仮題)が、5月頃に
ずれ込みそうだ。

出版社社長との打ち合わせの中で、タイトルを
「レイム」にしたら?
との意見が出てきた。

「レイム」とは「霊夢」のことである。
最初はピンとこなかったが、段々、「イイカモ?」
という気持ちに変わってきた。

今朝、早朝夢うつつの中で「風」という言葉が浮かんできた。



「風の レイム」

ヒヒル(蝶の古語)舞う 逃れの地 グランチャコ
埋み火の様に 燃え上がる 古代九州王朝再興の夢…



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : JETRO 3国物産展 風のレイム

16:54  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |