2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2008.02.06 (Wed)

米中による日本人抹殺計画ってか⁇

殺人ギョーザ騒動で日本中が大騒ぎ。
日本殺すにゃ刃物は要らぬ、毒菜秘かに
混ぜりゃイイ、ってか?

中国産食料の輸入ストップなんて出来るわけがない。
日本の食料自給率39%、61%を海外に頼っている。
 
食料依存率トップは米国22、2%だ。
そして第2位は中国18、3%。

米国から狂牛病の歩行困難なヘタリ牛の牛肉を
バンバン輸入し、中国から毒菜混入食品を輸入しなけりゃ~
日本は生きていけないっつ~の!

米国離れがどうの、中国の傘下に入るのは嫌だ⁉
なんて日本にそんなフリーハンド等ない。

それにしてもこんなオバカな国に誰がしたんでしょうね…⁉

生殺与奪権は完全に米中に握られているんですよ、旦那!

農水省の試算によると、日本の農耕地面積は
467万Ha(06年)。
61%を海外に依存しているということは、
農耕地面積に換算すると約1200万Haが必要だという。

つまり日本は国内の農耕地面積の約2、5倍もの土地を
米中はじめ海外に借地して生きていることになる。

アメリカで初めて「BSE感染牛」がみつかったのは
2003年12月、以降、日本はアメリカからの輸入を
禁止したのだが、今でも年間数十万頭もの歩行困難牛
「ヘタリ牛」が生まれ続けているそうだ。

2006年2月、米国農務省監察官事務所が発表した
前年度(05年度)の「BSE対策に関する監査報告書」
では、20頭の「ヘタリ牛」が食用として処理されて
いたことが明らかになった。

だが、これは全米中の食肉処理施設から無作為に
12カ所だけを選んで抜き打ち検査した結果報告だ。

だが、これに対してアメリカは日本向けに
「健康な牛が濡れた床で足を滑らせて転び足を
骨折したために歩き方がおかしく見えただけです」てな
コメントを発表してお茶を濁した。

アメリカ様に絶対服従以外に選択肢のない日本は
「ハハァ~ッ」と膝を屈して輸入再開に踏み切っている。

米中による日本人抹殺計画ただ今、進行中…⁉



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : 日本人抹殺? 日本の食料自給率39%

00:13  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |