2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2007.12.01 (Sat)

大統領選もヒートアップ!

“うたた寝や
   目覚めてみれば
        早や師走”
        (ペンペン坊)

滔々たる歳月の流れ、過ぎゆけば
何やら夕陽が眩しいこの1年…。

諸先輩たちが味わってきた長嘆息が実感出来る様
になった我身も切ない。

▼96年、クーデターを企図したとして軍事刑務所で
服役していたオビエド元将軍が最高裁で
無罪放免された。
これで同氏は来年の大統領選挙にも立候補可能と
なったそうだ。

 確かにオビエド氏は抜群のキレ者だ。
だが、社会主義的信条を持つ彼を恐れて
当時の政権とアメリカがオビエド潰しを図った。

ニカノル大統領は来年の大統領選挙で
自身が押す候補の劣勢を挽回するため
政治的特赦をしたのだろうが、
まさに虎を野に放した感は否めない…。

南米はパラグアイを除き周辺国殆どが
左翼政権になったが、
地政学上のハートランドたるこの国の政変に
米国は過去2度、関与してきた。

89年、長期独裁政権ストロエスネル大統領を
電撃クーデターで崩壊させたのもその1つだ。

親米保守政権の牙城を何としても守りたいアメリカ、
最もオメガネに叶うのは元副大統領の
若いカスティグリオニ候補だが…?

もし、彼が新大統領になればパラグアイも
万々歳なのだが…。

ハテ、その采配や如何に…⁉



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : 大統領選 パラグアイ

23:29  |  パラグアイ情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |