2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2005.05.27 (Fri)

「3国戦争」その9 多くの夢想家を引き寄せたパラグアイ

  かってこの「3国戦争」の話を聞いた時、確かに
  少年志願兵はいただろうが、
  幼い子供たちまでがどうして戦わざるを得なかったのだろうか?

  いかに国家存亡の危機といえど普通、
  幼い子供まで狩り出す事はしないのに…と私は不思議に思っていた。
  ところが、ロペスは、戦前、6歳から10歳の子供の
  奴隷部隊をもっていた。

  独裁者の宮殿、国立劇場、国立図書館、
  そしてエリサ夫人のいくつもの舞踏会場を建設する子供部隊の姿を
  リンカーンによってアメリカ大使としてアスンシオンに
  派遣されていたチャールス・エイムズ・ウオッシュバーンが
  書いている。

  「強制された労働によって、小さな子供達がたちまち
  老人のようになってしまうのを見るのは悲しいことだ。

  つねに監視されているために一瞬たりとも怠ける事は出来ない。

  また働いている場所を通りかかると、
  まるで疲れ切った奴隷のようだった。

  すべての希望が完全に失われたので顔をあげることも、
  ほんの一瞬手を休めることもしない奴隷だった」(前出の同著)
  その仮装舞踏会に使われたサロンが今もアスンシオンに残されている
  グラン・ホテル・パラグアイだ。

  大統領夫人マダム・リンチの家として1860年代に建てられた。
   
  パラグアイに新ゲルマーニァ建設を夢みた
  エリザベート・ニーチェ  

  先にロペスの人間性などについて引用した
  著・「エリザベート・ニーチェ」とはドイツの
  あの有名な哲学者ニーチェの妹である。

  かってカトリックの先鋭隊イエズス会会士たちが
  世界1の大瀑布イグアスの滝近くに「インディオ王国」
  (カンヌ映画祭でグランプリを取った英国映画「ミッション」)
  の建設を夢み、
  ロペスが南米のナポレオンを夢想したように
  パラグアイの真中に「新ゲルマーニャ」の建設を夢見て
  はるばるドイツ人移民14家族を連れ立って
  来た恐るべき女性エリザベート・ニーチェ…。
 
  彼女がアスンシオン埠頭に降り立ったのは、
  1866年3月15日…。

  まだ3国戦争の戦火が高らかに燃えたぎっている最中であった。

  思うにこのパラグアイという地は、そういう夢想家たちを引き寄せ、
  デーモニッシュなパワーを注ぎ込む
  特異な地球のパワースポットなのかも知れない。

  そういえば、「新ノアの方舟」を主宰し日本中から
  老若男女60数名を引き抜いてパラグアイに移住させた
  末広千幸女史もそんな霊感を
  この地で吹き込まれたのかも知れない。

  *「新ノアの方舟」事件ー現地に移住した家族の内数人が
  日本に帰国し詐偽行為だと騒いだため1986年、現地解散
  60数名の移住者の内99%が日本に帰国。結局、当事件は
  立件されなかった。


  エリザベート・ニーチェ、
  戦前のドイツの文化的社会でコージマ・ヴァーグナーは
  別格としても彼女程有名な女性はいなかった。
  彼女が兄を一部の偏狭な学者仲間から連れ出し
  有名にし、またナチズムとも結び付けるという
  大きな影響力を与えた。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : パラグアイ - ジャンル : 海外情報

タグ : パラグアイ 3国戦争 エリザベート・ニーチェ フランシスコ・ソラノ・ロペス 新ノアの方舟

19:32  |  パラグアイの歴史  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.05.27 (Fri)

「3国戦争」その8 ロペス、その人間性

  ロペス大統領と最後迄、戦った
  エリサ夫人は戦後、パリに送られ、困窮の中に死去、
  貧民共同墓地に葬られた。

  今はアスンシオンの国民英雄の館にロペスとともに祀られている。
  敗色濃厚となった時点で諸外国が再三仲介の労をとり
  休戦を働きかけた。

  その時点で休戦すれば十分余力を残して外国にも
  亡命出来た筈だった。

  休戦を拒否したことにロペスの異常な
  偏執狂が浮き彫りにされている。

  バカと天才は紙一重というが、
  ロペスをみるとまさに狂人と英雄も紙一重と言える。

  4分の3以上の男性を失い、生き残ったのは子供と老人だけとなり
  戦後、「パラグアイを旅する外国の男を樹上から女性が襲ってくる」
  (大宅壮一の南米紀行の著書にもみられる)との
  アマゾナスにも似た哀しい伝説が生まれたパラグアイ…。

  パラグアイを南米1の最貧国に陥れた亡国の大統領ロペスは戦前、 
  夜毎エリサ夫人が催した仮面舞踏会にナポレオンの仮装で出た。

  1853年、父親の命令によってパリに遊学にやってきた
  フランシスコ・ソラノ・ロペスは
  青い目を持ったエリサ・リンチに出会った。

      lopez.jpg
 


  ー空の青い目をもったエリサー
  彼女は天性の美貌を持つアイルランド出身の娼婦だった。
  彼女についてある崇拝者は次のように言っている。
  「その目は青、それも天の色をそのまま借りてきたような青だった」
  「そして表情の甘さときたら、とても言葉ではあらわせない。
  しかもその奥にはキューピッドが鎮座して明るく輝いているのだ」
  このエリサ夫人が野心家だった。

      ELISA.jpg


  一方、ロペスの人間性についてカニンガム・グレアムが
  次のように述べている。

  「サディズム、倒錯的な愛国主義、
  外の世界についてのとんでもない無知、狂気と紙一重の
  誇大妄想、人間の生命や尊厳に対するまったくの無関心、
  パラグアイだけでなく世界中どこへ
  行っても馬鹿にされたに違いない。卑屈なまでの気の弱さ、
  しかもそれが意思や才能の力の
  完全な欠如と結びついている。
  こういったものが彼の性格を作り上げていた」
  (「エリザベート・ニーチェ」白水社)

  世界史にも例をみない老人、女性、子供にまで武器を持たせて
  戦わせたロペスの冷酷非道の人間性が適格に描写されている。



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : パラグアイ - ジャンル : 海外情報

タグ : 3国戦争 フランシスコ・ソラノ・ロペス パラグアイ

19:26  |  パラグアイの歴史  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |