2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2008.04.05 (Sat)

禍福はあざなえる縄の如し 

今朝はカメラ持参でセミナリオの森に
ウォーキングに行った。

このカトリック教会、
CAPELLANIA DEL MIGRANTE
(移住者のための教会)は
1960年に建設されている。

iglesia.jpg

それにしても今年は年明けから不思議なことばかりが起きた。

まず、ここでウォーキングを終えて車に乗ろうとした時、
目の前で瀕死の青い鳥のヒナを見附け持ち帰り、引導をわたした末、
お墓を作ってやった…。

数日後、早朝のウォーキング時、
雀に似た黒い鳥の群れに青い鳥が、ただ1羽混じって地面の
エサを啄んでいた。

生まれ変わった元気な姿をボクらに見せてくれたのだろう。

そして、「草の根・ラプラタ流域再開発研究会」で
モンテビデオへ早朝の飛行機便で行くため
目覚まし時計の針を午前3時半にセットしていた所、
この日に限って針が止まっていた。

幸いカミサンがその時間前に起きて起こしてくれたから
乗り遅れはしなかった。

その目覚ましはその後、何もなかったように
正常にカチカチ時を刻んでいる。

ラプラタ研究会発足後も魔は働いており、
3/31号に掲載予定のその記事が魔術にかかったように
掲載できなかった。
まぁ~、幸いブログの方には掲載出来ただけでも良かった。


今年も魔の嫌がらせや吉兆など
まさに“禍福はあざなえる縄の如し”…。



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : セミナリオ(神学校)

01:14  |  エッセー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |