2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2005.04.17 (Sun)

英国映画「ミッション」の舞台となったトリニダ遺跡

残念ながらあまり見るべき観光地のないパラグアイで
唯一、ユネスコの世界遺産に登録されたのが
兵どもが夢の跡、
トリニダ遺跡である。

これは、名優ロバート・デ・ニーロ主演のイギリス映画
「ミッション」(カンヌ映画祭でグランプリ)で
有名になったインディオ王国の廃虚だ。

16世紀、カトリックの突撃隊たる
イエズス会の神父たちが
インディオ教化のために築いた砦である。

彼等、神父とインディオたちは、ここに
王国を築こうとしたが、
スペイン王カルロス3世によってイエズス会が追放され、
スペイン軍によって
蹂躙され廃虚と化した。

以来、この南米の小国は、見果てぬ夢を追う
パイオニアたちの栄枯盛衰の舞台となった。


●ラ・サンティシマ・トリニダッド・デル・パラナ
レンガ造りの教会や住居跡が残る。
教会の壁や祭壇を飾るレリーフや彫刻が素晴らしい。


●ヘスース・デル・タバランゲ
教化集落特有の市街地跡や、
イエズス会追放によって未完成のまま放棄された聖堂が残る。

      trinidad.jpg


ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : 世界遺産 パラグアイ インディオ

14:48  |  観光  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.04.08 (Fri)

アスンシオンを中心としてラ・プラタ河流域は発展した

ラプラタ河流域の初代都督Mendozaが、
死亡したことを知ったスペイン国王は、
現地で後継者を選ぶように
ブエノスアイレス城塞長官
Francisco Cabreraに命令を出した。

Cabrera長官は、アスンシオンにやって来て
Irala大尉に国王の勅令を見せた。

Irara大尉は、これによって
Mendoza都督が死んだ事、
ペルーへの道を探す探検に出たAyolas隊長が
アスンシオンの統帥権を1939年7月31日に
正式に引き継いでいたことなどを知った。

Irara大尉は、その後、Ayolas隊長を
探索するため北方へ向った。

そして、途中、あるインディオから
Ayolas隊長が死亡した事実を知った。

アスンシオンに帰ったIrara大尉は
1540年、正式に初代総督となった。

1541年、Irara総督は、
ブエノスアイレスの住民たちが
周辺のインディオたちに年中、攻撃され
悲惨な状態にあったので
気質も寛大で農業にいそしむ友好的な
グアラニー族が住むアスンシオンへ
約400人全員を移住させた。

かくしてラ・プラタ河流域は、
アスンシオンを中心として
Irara総督の下で
繁栄していった。

アスンシオンは地政学上からも
南米大陸の心臓部に位置しており
金銀鉱脈の豊富なアンデス山脈にも
近いという利点があった。

さらに原住民のグアラニー族が
友好的なインディオで
食糧の確保も容易だったので
スペインの南米支配上重要な
根拠地となっていった。



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : パラグアイ - ジャンル : 海外情報

タグ : アスンシオン スペイン インディオ

14:41  |  パラグアイの歴史  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.04.06 (Wed)

アスンシオン創立

スペイン王室は、ラ・プラタ流域の
開発に乗り出すため、次々大船団を
派遣した。

本格的にラ・プラタ河流域に拠点を築いたのは
Pedoro de Mendozaだった。

彼は11隻の帆船に1500人を乗船させ
1536年2月、現在のブエノスアイレスに
到着し、城塞を築いた。

彼は1537年、スペインへの帰途、死亡した。

都督Mendozaはスペインへの帰国前、
部下のJuan Ayolas
を隊長に任命してブエノスアイレスから奥地ペルーに至る
道を発見しようと北上させた。

彼は今のグランチャコを西へ向い
12年前にあのAlejo Garciaが
到達したCharcasに着いた。

彼はここで金銀細工の品々を手に入れベースキャンプに
戻った所でインディオたちに襲われ命を落とした

一方、都督Mendozaは、体調をこわし
スペインに帰る前、北方探検に出した
Juan de Ayolasの帰りが遅いので
Juan de Salazar大尉に命じて
探索を命じた。

大尉は、その途上、Irala大尉に遭遇した。
結局、Ayolas隊長が見つからないまま
現在のアスンシオンの大きな入り江に戻った。

ここのインディオの酋長カラカラとは、北上する際に
食糧を供給してもらうかわりに、帰ってきたら
必ず当地に城塞を築く約束を交わしていた。

Salazar大尉は、約束通り
インディオたちの協力を得て城塞を築城し
1537年8月15日、落成した。

この城塞は
Nuestra Senora Santa Maria
de Asuncion と名付けられた。



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : パラグアイ - ジャンル : 海外情報

タグ : パラグアイ 歴史 アスンシオン インディオ

14:39  |  パラグアイの歴史  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT