2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2007.08.06 (Mon)

必見!世界1のイタイプダム のライトアップ

ダム堤防に浮かび上がる幻想的なダイヤモンドの光芒

damu.jpg

世界1のイタイプダムの堤防壁が週末(金、土)の夜間ライトアップしており、
ブラジル、パラグアイの観光客がつめかけて
その壮大な光の饗宴に歓声を上げている。

この粋な計らいは3年前から行われているとのことだが、
うかつにも私メは知らなんだ。

先週初めてイグアスの園田さんに連れて行ってもらった。
土曜日の夜8時、パラグアイ側のイタイプダム本部に着くと
既に大勢の観光客が本部ホール周辺でたむろしており、
ホールではパラグアイ音楽の歌と演奏が行われていた。

アトラクションが終わると表に出て指定されたバスに分乗する。
大型バスが10数台に中型マイクロバスが5台、計17台が
本部駐車場に待機している。
観光客はそれぞれ事前に人数や名前などを申し込む必要がある。

僕らは13号車の中型マイクロバスに乗る。

8時半過ぎ、先頭車から粛々とダム堤防壁に向けて出発する。

なんでもブラジル側はこの観光は有料だそうだが、パラグアイは無料だ。
バスが延々と連なってダムのタービンが設置されている堤防壁の
地下通路を通る様は夢幻境への旅立ちにも似て感動的だ。


イタイプ公団の莫大なロイヤリティーは、政府高官や当ダムの幹部らが
タラフク食べたことで有名だが、その一部を国内の様々な
市町村の地域振興や諸団体のプロジェクトへの補助金として
還元している。

このダム湖堤防壁のライトアップは誰が思いついたか知らないが、
それはそれは見事なものでイタイプダム観光に新たな目玉を追加した。



ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : パラグアイ - ジャンル : 海外情報

タグ : イタイプダム

22:11  |  観光  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |