2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2005.05.22 (Sun)

「3国戦争」その5  老人と子供が主力のパ軍

トュティの敗退からのパラグアイ軍は
かっての精鋭部隊の
面影もなく老人と子供主体の弱小部隊と成り果てていく。

老人、子供まで徴兵して戦い続けるロペスという人間は
まさに正気の沙汰ではないと思わざるを得ない。

確かにロペスは一旦、連合軍に和平交渉持ちかけるが
連合軍側は3国同盟で決めた線は譲れないと決裂。

かくしてロペスは、再び徹底抗戦を弱小軍団に命令。

パラグアイが最後の望みを託すパラグアイ河の
ウマイタ要塞。

この要塞はパラナ河とパラグアイ河の合流する
三角地点にあった。

これを敗られれば、首都アスンシオンまでわずか200km…。

要塞の周辺に設置されたクルス砲台とクルパイティ砲台。

9月3日、連合軍14000は猛攻撃の末に
パラグアイ軍2500が死守するこのクルス砲台を占拠。

この戦いで連合軍は新型艦リオデジャネイロを失った。

戦力を20000に増強した連合軍は
上流のクルパイティ砲台に迫った。

しかし、堅固に強化されたクルパイティ砲台の防御は固く、
連合軍は9000の死傷者を出して敗退。

一方、信じられないことにパラグアイ軍の死傷者は
わずか54名だったという。

この大敗北の責任をとって連合軍の最高司令官
アルゼンチンのミトレ将軍は
総司令官を辞任。後任にはブラジルのカシアス公爵が
総司令官になった。

もともと内紛を抱えていたアルゼンチンでは
大小の反乱が各地で発生。

アルゼンチン政府はその対応に追われた。

また、ウルグアイでもコロラド党とブランコ党の内戦が激化。

両方の党首が同じ日に暗殺されるという渾沌とした
状態に陥っていた。

このクルパイティの大敗北により連合軍はその後、
1年間反撃に出られなかった。

一方、敗色濃いパラグアイでは物資が益々欠乏し
かっての日本と同じように
国内で金属供出運動が起こり、各種大砲を製造し前線に送った。

さらに落下した敵の砲弾は再生して弾薬を作った。
薬草の宝庫たるパラグアイは様々な薬草を採取して
医薬品も作った。

エリサ大統領夫人のかけ声で夫人らは貴金属、宝石類を供出し
勲章に使った。

パラグアイ最後の砦、
ウマイタ要塞を巡る攻防戦は長期化した。




ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


テーマ : アルゼンチン - ジャンル : 海外情報

タグ : 3国戦争 パラグアイ 歴史 アルゼンチン

22:12  |  パラグアイの歴史  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.02.23 (Wed)

食らわんか毒大豆?自然大豆を守る会もうすぐ旗上げ!

食は生命(いのち)なり、文化なり!なんちゃって…。

いきなり偉そうに始めましたが、身体に優しい食を考えていますか?今、ホントに食べ物が危ないんですよ!
アメリカの裏庭と言われる南米は、世界の食糧基地と言われています。日本の穀物自給率は、もうホントに悲惨な状態で思わず笑ってしまいます。

大豆などの穀物は、「戦略物資」と言われており、世界の生産量ランキングで言うと上位5本の指にブラジル、アルゼンチン、パラグアイと南米3カ国が占めています。

日本人移住者がこのパラグアイに大豆の種子を持ち込んで今では一大生産国になっていますが、この大豆がどんどん遺伝子組替え大豆になっています。これはお馴染みの国際組織、穀物メジャーや農薬メジャー、種子メジャーetc、「人類抹殺計画のインボ~だあ~!」

アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ3カ国ことごとく政府が「OK!モンダイナイアルヨ…」と遺伝子組替え大豆の導入を許可してしまったんですよ。

まさに「ブルータス、お前もか!」的危機状態ですが、この恐さを一番知っているのが大豆農家。ここで立ち上がったのが日本人農家十勇士、ジャンジャン!
近々「自然大豆を守る会」を立ち上げます。

乞う御期待!

▼中国までがアルゼンチンの土地を買い占めてるよ!

アメリカのえげつなさは、耳タコだけど、敢えて言うとアメリカは、日本人がブラジルの不毛地帯セラード(閉ざされた土地・日本の面積の約5倍・その内の開発面積は4500万haを超えさらに拡大中)を莫大な投資と労力で作り上げた一大沃野をお得意の謀略で日本人農家を追い出してボンボン買い占めてるよ!
  
ちなみにこのセラード開発は、あの故・田中角栄総理が74年9月、訪伯した時に、時のガイゼル大統領との共同発表において協力意図を表明し、78年9月の両国政府間の合意に基づいて、JICAの開発投融資による試験的事業として実施されたものです。日本はこの事業に700億円近い莫大な資金を投入して20年余の年月をかけて開発してきたものをですよ。

「ハイ、ご苦労様!」美味しい果樹をふんだくられるんですからイヤハヤ何とも…。  
政治家の先生方も日本中の国民の皆さんもナ~ンニモ知らないんですからね。
これが正真正銘の「極楽トンボ」っつ~の。    

さらに穀物輸入国になった中国がアルゼンチンの土地をこれまたバンバン買い占めてるよ!迫り来る(作られた)食糧危機!  ワオッ!

危うし、ニッポン!  ジャンジャン!


ランキングに登録しました。
良かったら、クリックして下さい。


タグ : 大豆 パラグアイ アルゼンチン 中国

05:28  |  オーガニック食品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |